2011年08月15日

ガスト@下高井戸

 このブログでは、基本的に、飲食店については、再度行く気になるような、オーツの評価が高い店を取り上げることにしています。しかし、先日のガストの対応は、ちょっと納得がいかない部分があったので、メモ代わりに書いておきましょう。
 オーツが注文したのは、タイ風シーフードカレーセット 838 円でした。これは、カレーとライスの他に、サラダとスープがついているセットです。スープはおかわり自由となっていました。
 で、注文してしばらく待っていると、ウェイトレスが大きめのお盆にいくつかのお皿をのせてやってきました。
 カレーとライスとサラダをテーブルに置き、「以上でよろしかったでしょうか」と聞くので、オーツは食後に薬を飲むので、「お冷やをください」といいました。すると、お冷やはセルフサービスだというのです。まあ、しかたがない。食べ終わってから、冷水器のところに取りに行くしかないなと思って、カレーを食べ始めました。
 少し食べて、気がつきました。スープがないのです。コールボタンを押してウェイトレスに聞きました。「スープがついているはずですが、……」すると、ウェイトレスは、スープもセルフサービスだというのです。おやおや、オーツは、お代わりはセルフサービスとしても、最初の一杯くらいはテーブルのところまで持参してくれてもよさそうに思いました。だって他の料理などは運んでくるわけですから、……。
 ウェイトレスは、「今持ってきます」といって、まもなく、スープとスプーンとお冷や、それに紙のおしぼりをのせた小さなお盆を持ってきました。
 ガストを利用し慣れている人なら常識なのかもしれませんが、スープがセルフサービスならセルフサービスで、最初にそういってくれればよいのにと思いました。いわなければ、客にはわからないでしょうに……。
 ちなみに、タイ風シーフードカレーですが、メニューには「大辛」と表示されていましたが、さほど辛くもありませんでした。オーツは、ウェイトレスに注文するとき、もっと辛くしてもらえるかと聞いたのですが、変更できないとのことでした。どこかで調理したものを店に配達して(冷凍して)おき、それを温めるだけなのでしょう。
 具は、海老やイカなどしっかりと入っていて、お得感がありますが、あまり辛くないカレーというのは、それだけで食べる気をなくさせます。
 でも、他に食べられそうなものがあまりなかったのですよねえ。ガストは中高年向きの店ではないのかもしれません。

 そういえば、ふと気になってオーツが付けている食事記録を見ると、3年ほど前に、別のガストの店に行ったことがあり、そのときも、ランチがスープ付きなのに、スープがセルフサービスでしかもその案内がなかったことがメモしてありました。オーツは、こんなことがあったことをすっかり忘れていました。
 検索エンジンで「ガスト スープ セルフサービス」と入れて検索すると、ネットでは、スープについて何の説明もないという声がたくさんヒットします。たとえば、
http://r.tabelog.com/miyazaki/A4501/A450101/45003194/dtlrvwlst/2171769/
などです。
 サービスとは何かについて、お店側は勘違いしているのではないでしょうか。
 うるさいことをいうと、写真付きのメニューに書いておいて、注文すると写真と違うものが出てくるわけですから、詐欺のようなものです。オーツはメニューをしっかり見ましたが、スープがセルフサービスだとは書いてないようでした。あちこちメニューを眺めた客が「見あたらない」と言っているわけですから、仮に書いてあったとしても、それはわかりにくいところに書いてあるだけだと思います。
 スープがおいしいかどうかというのとはまったく別の問題です。(おかわり自由だとはいえ、おかわりする気が起きないしろものでしたが、……。)
2017.9.24 追記
 その後、再度ガストに行きました。
 その話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/453694269.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック