2011年07月23日

全日本道路地図

 オーツが自宅で使っている全日本道路地図は昭文社のマックスマップルシリーズですが、2003 年刊行のものです。だいぶ古くなったので、最近のものを買おうとしました。
 楽天ブックスで「全日本道路地図」と入れて検索してみると、
http://search.books.rakuten.co.jp/bksearch/nm?g=001&sitem=%C1%B4%C6%FC%CB%DC%C6%BB%CF%A9%C3%CF%BF%DE&x=67&y=4
古いものしか出てきません。東京地図出版は2008年2月、塔文社は2005年11月、ゼンリンに至っては1999年1月のものです。
 今は、カーナビがあるし、iPad もあるし、ネット内で無料の地図が使えるので、わざわざお金を出して冊子体の地図を買う人は少ないのでしょう。しかし、オーツは冊子体の地図が好きです。一覧性があって、どこでもサッと見られるので、愛用しています。
 というわけで、昭文社の全日本道路地図第2版を買うことにしました。
http://books.rakuten.co.jp/rb/%E5%85%A8%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%81%93%E8%B7%AF%E5%9C%B0%E5%9B%B32%E7%89%88-9784398600349/item/1720554/
 それにしても、古い地図が売られているということは、地図が売れないのでしょうね。以前だったら、毎年のように改訂版が出ていたのですが、……。
 古い地図は今使うには実用的ではありません。
 何か、日本文化が一つ失われてしまったような感覚です。

参考記事:東京都区分地図が売られていない
2009.8.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/126572076.html


posted by オーツ at 03:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック