2011年04月09日

軽井沢ですずかる荘に宿泊しようとして

 オーツはスキーなどで軽井沢に行くとき、すずかる荘
http://www.shigakukyosai.jp/yado/karuizawa/index.html
に泊まることが多く、いわば定宿になっています。
 先日も、電話で宿泊を申し込みました。今回は、4人ほどで出かけるのですが、うち一人にちょっと用事があり、そこで、2点を電話で聞いてみました。

(1)早いチェックイン
 すずかる荘の通常のチェックイン時刻は 15:00 です。
 我々の中の一人が早めに部屋に入ってゆっくりしたいということで、13:00 にチェックインしたいと思いました。後のメンバーはちょっと出かけて夕方チェックインする予定です。
 すずかる荘に聞いてみたところ、13:00 のチェックインについては確約できないと言われてしまいました。
 前の客が普通通りに出て(通常のチェックアウト時刻は 10:00)部屋の掃除が終わっていれば、アーリーチェックインが可能だそうですが、そうでなければ、ラウンジで待ってもらうしかないとのことです。
 13:00 入室だと追加料金がかかると言っていましたが、どうせ大した金額ではないから、部屋に入れるなら入ったほうがいいと思いました。
 結局、13:00 ころ直接すずかる荘に行ってみて、その日の状況を聞いてみるしかないわけです。
 オーツはサービスがよくないと思いました。
 こちらが希望しているのは一部屋だけなのですから、その部屋だけ先に掃除してくれればいいのに(ブツブツ……)と思いました。それでこその追加料金というものでしょう。

(2)夕食開始時刻
 すずかる荘は、夕食時刻として 18:00- を原則にしています。
 しかし、オーツたちの場合、一人が宿に戻ってくるのが遅くなりそうで、たぶん 19:00 ころになるだろうと思われました。
 そこで、4人の夕食時刻を 19:00- に変更してもらえないかと尋ねてみました。
 すると、宿の人からは、夕食開始時刻にあわせて、温かい料理、冷たい料理を用意しているので、できたら 18:00 にしてほしいと言われてしまいました。一人だけ遅れることは問題ないとのことです。
 というわけで、こちらが 19:00 を希望すると言ったら、すずかる荘の相当者はかなり渋っていました。
 そこで、妥協案として、オーツが 18:30 開始でどうかと言ったら、それも可能だといいつつ、やっぱり 18:00 にしてほしそうな口ぶりでした。宿としては、何としても、宿泊者全員が同じ時刻に食べ始めるようにしたいようです。
 これまたサービスがよくないと思いました。どうせ部屋ごとに食べるスピードに遅速があるのだから、後半に出てくるものなんか、本当の意味で温度管理なんてできやしないと思います。それなのに、提供者側の手間を省いて一律に料理を押し付けてしまおうという意図が見え見えです。早めに食べる人たちは、途中で待たせておき、同一時刻にいっせいに料理を提供しようというのでしょうか。
 ちょっとオーツの勘ぐりすぎですが、従業員にとって、後片づけの時間が気になっているに違いないと思えました。残業はいやなんでしょうね。でも、これがサービス業の関係者が取るべき態度でしょうか。
 夕食時刻を1時間くらいずらしても、特に問題ではないように思いますが、どうなんでしょうね。

 これら2点ですが、たいていの旅館で、これとは対応が違っていると思います。早いチェックインについては、事前に掃除の順番を調整して、スムーズに部屋に入れるようにしてくれます。13:00 というのは、早すぎる時間帯ではありません。中には、サービスとして、追加料金を取らないところもあります。(というか、経験上、そういうケースのほうが多いと思います。)
 夕食の時間帯についても、客側の都合を優先してくれる場合がほとんどです。よほど遅い時間から食べ始めるのは宿側も大変でしょうが、1時間くらい遅らせることにはほとんど問題がありません。部屋ごとに時間をずらして、そのたびに温かいものは温め直して提供してくれるものです。固形燃料で温める銘々鍋は、客がテーブルに着いてから火をつければいいわけです。冷たいものの場合は、シャーベットやアイスクリームのようなものは冷凍庫に、刺身や果物のようなものは冷蔵庫に入れておくのでもいいと思います。用意してから1時間後に食べても問題はないでしょう。少しは味が落ちますが、1時間程度の時間が感じ取れるほど舌が敏感な人はたぶんいないでしょう。客側が食事時間を遅らせたいといっているのだから、もしもその分味が落ちたとしても、それは客側の判断です。こう考えてみると、料理の温度なんて、いくらでも対応が可能です。
 温度よりも、むしろ「新鮮さ」が問題かもしれません。煮物や汁物などでは、1時間も経つと具が汁を吸ってしまうというようなことがあります。麺類だったら伸びてしまうでしょう。揚げ物も1時間経つと湿気を吸ってしまいます。しかし、電話で話したときは、そういうことを言われたわけではありませんでした。あくまで温度が問題だという話でした。
 オーツは、サービス業として見た場合に、すずかる荘に関して少しだけ問題点を感じました。
posted by オーツ at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック