2011年04月06日

節電と階段組

 オーツの勤務先には「階段組」があります。
 4階のオフィスまでエレベータを使わずに階段でのぼりおりする何人かの人がいて、その人たちが自分たちを「階段組」と称しているわけです。
 2階や3階の人たちは、もともと歩いて登る人が多かったのですが、4階の人間はエレベータを利用することが多かったように思います。オーツも、無理せずにエレベータを使うことにしていました。4階ともなると、階段だとちょっと息が切れる感じがします。
 しかし、ここのところの節電運動のおかげで、回りに階段組が増えたようです。会議の後など、みんなで4階まで階段で登るわけです。
 オーツもそうしてみました。
 すると、いろいろ違ったことが見えてきます。
 階段の途中で出会う人があるので、誰が階段組で、誰がそうでないかがわかります。その顔ぶれを見ていると、いろいろおもしろいことがあります。(委細は省略しますが。)

 先日は、エレベータの箱が1階にあることを知りつつ、階段に向かいました。すると、オーツのすぐ後ろにいた人がエレベータに乗り込みました。
 オーツは「まあ、階段だってけっこう早いぞ」と2段ずつがんばって階段を登りました。4階に到着すると、エレベータのドアが開いて、さっきの人が降りてきました。
 ん? これって節電になっていないのではないかと思いました。エレベータは、一人が使うのも二人が利用するのも、使用電力量に大差はないはずです。少しだけ疑問に感じました。
 まあ、「運動不足を解消しているんだ」と強がりをいいつつ、階段を利用することにします。
 オーツは、重い荷物を担いでいるときなど、エレベータを使うようにしています。もしものことがあったら大変ですから。しかし、書類を持っている程度だったら、階段を利用するようにしています。
 こういうことで、少しは腹が引っ込んでくれれば、いうことなしなのに、……。
posted by オーツ at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック