2011年03月28日

お墓の基礎が少しずれている

 3月11日の地震では、特に自宅に被害はなかったのですが、妻からいわれて、お墓を確認に行きました。
 オーツの家の墓は、埼玉県北部の利根川に接した墓地にあるのですが、今回の地震で墓石が倒れるようなことはないと思っていました。しかし、一応、念のためという感じで往復してきました。お彼岸に墓参りもしていないので、それを兼ねての行動でした。
 お墓に着くと、ざっとお墓を見わたしてみましたが、特に問題はないようでした。
 オーツがバケツに水をくんできて、お墓のところに戻ろうとすると、そこに来ていた男性の年寄りに声をかけられました。80歳とのことですから、「年寄り」と言ってもいいでしょう。バイクに乗っていたので、とても80歳には見えず、60歳か70歳くらいかと思いましたが、そうではありませんでした。
 その人によれば、この墓地でも、けっこうあちこちの墓石がずれているというのです。そういわれて、よく見ると、墓石の向きがちょっと変わっていたり、数センチずれているようなものがけっこう見つかります。
 先日の大地震の影響です。
 なるほど、こんなこともあるのだなあと思って、オーツは自分の家の墓のところに戻り、あちこちをよく眺めました。すると、お墓の周辺の、他との区画を区切る四角い基礎の石が、少しずれていることに気がつきました。正面から見て、右側が 1.5cm ほど前に出ています。左は出ていません。隣接する石との境界線部分に汚れがたまって、ちょうど線を引いたようになっているのですが、それが左側は目立たず、右側はちゃんと見えます。明らかに右側が前に出ているのです。
 このずれが、先日の大地震の影響か、そうでないのか、わかりませんでした。
 他のお墓を見ても、基礎の部分がずれているようなものはまったく見あたりませんので、オーツのところだけが例外的に動いたことになります。そんなことってあるでしょうか。
 もしかすると、これは地震の影響ではなく、かなり前に別の原因でずれたのかもしれないと思いました。よく見ないと気が付かないくらいのずれなので、オーツがずっと見落としてきたということも十分あり得ることです。
 今回は、修復工事をするほどのことはないと思いましたので、お墓はこのままにすることにしました。
ラベル: 基礎
posted by オーツ at 04:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック