2011年03月16日

コンビニ・スーパーで食料品が空っぽ

 東京では、コンビニやスーパーで食料品などが空っぽの状態です。
http://www.jiji.com/jc/c?k=2011031401004
 オーツも、近所の店にいったところ、ものの見事に空っぽなので、驚きました。パンが典型ですが、うどん・そば・パスタ類も品薄です。ヨーグルト・牛乳・ギョーザ・シューマイなどの加工品もなくなっています。それから意外なことに、玉子がありません。物価の優等生で、国内には大量のニワトリがいて、それらが産む玉子の量が減っているはずはないのに、……。買う人がそれぞれ少しずつ購入量を増やすと、全体としてこうなってしまうのでしょう。肉類も少な目でした。(どうせオーツは買わないし、食べなくなっていますが。)野菜と魚は通常通りです。
 オーツの家では、息子に頼んで、トイレットペーパーとティッシュペーパーを買ってもらい、予備を増やしました。しかし、食料品を買うところまでは手が回りませんでした。出遅れました。
 もっとも、米はあるし、うどんや袋入りインスタントラーメンもあるし、冷蔵庫・冷凍庫には普段からいろいろな食品がストックされているので、水と電気が通じていれば、1〜2ヵ月くらいは食べ物に困ることはなさそうです。
 こういうときには、カップ麺やパンなどが品切れになるのですね。パンはそのまま食べられるけれど、カップ麺はお湯がなければ意味がないし、お湯を沸かすのはどうするのでしょうか。多くの家でカセットコンロが保有されているのでしょうか。
 乾電池は、懐中電灯用の単1の予備がないのですが、オーツの自宅は計画停電の対象外だし、仮にそうなったって、アダプタ(スペーサー)を利用して、単3の電池を単1用に使えば、何とかなりそうです。
 以前、エネループの充電池を買いましたが
2010.7.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/154989160.html
それに、単1用のアダプタがついてきました。
 町の中では、今のところ、食堂やレストランが普段通りの営業をしているようです。これから大きな余震が来るとか、停電の範囲が広がるとかいうことになれば、対策も必要でしょうが、当面は静観でよさそうです。
ラベル:コンビニ 食料品
posted by オーツ at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック