2011年03月02日

水を流すレバーのないトイレ

 オーツが、とある飲食店のトイレに入ったときのことです。
 ウォシュレットがついていて、快適に用が足せました。
 で、水を流そうとすると、水を流すレバーがないのです。最近は手をかざす方式のトイレが増えてきましたが、それもありません。
 あちこち探しましたが、それらしいものがなく、かなりあせりました。少々酔っていたことも関係があるかもしれません。
 しばらくして気がつきました。
 壁にウォシュレット用のリモコンがついていて、「おしり ビデ やわらか」などのボタンがあるのですが、そのリモコンの別の側面(上面)に「流す」ボタンがありました。
 こんなわかりにくいところにあっていいのでしょうか。
 リモコンスイッチで水を流す仕組みですが、電池が切れかけたり、いろいろトラブルがあったらどうなるのでしょうか。
 オーツは、水を流すところだけは旧式のレバーのほうが安心できるように思いました。
 最新式がベストとは限らないということです。
 まさか、これが年寄りの繰り言なのでしょうか。
posted by オーツ at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック