2011年01月31日

「スタジオアリスとしまえん店」での写真撮影

 30日の日曜日、孫のお宮参りとお食い初めを行いました。といっても、実際に手配を整えたのは息子たちですから、オーツは単に参加しただけです。
 また、そのときに、記念写真撮影ということで、「スタジオアリスとしまえん店」
http://www.studio-alice.co.jp/shop/store_detail.php?id=375
http://www.shufoo.net/shxweb/site/shopDetail/9533/
で、孫の双方の祖父母なども含めて、集合写真を撮りました。
 このスタジオでの写真撮影がおもしろかったので、ちょっとメモしておきましょう。
 スタジオアリスは子供の写真専門店です。店に入ると、男の子用と女の子用のさまざまなかわいい衣服があり、全部無料で着ることができます。今回はお宮参り用ということで、あまりバラエティはありませんでしたが、それでも、10種類くらいの衣服(?)があり、その中から2種類を選びました。
 写真撮影にあたっては、赤ちゃんをだっこする役の人がイスに座り、膝の上に固めのクッションを置き、さらにその上にイスのようなものを置き、そこに赤ちゃんを乗せるのです。首が据わらない赤ちゃんでも大丈夫なようにクルマのヘッドレストのようなものもついています。これらは、写真には写りませんが、いろいろな工夫がされていることに驚きました。イスに座る人の背が低い(足が短い)場合、足元にもクッションを置き、膝の上が平らになって、赤ちゃんがちゃんと乗るように調整してくれます。
 いざ、撮影しようとすると、雰囲気が違うためか、赤ちゃんが泣き出しました。この場合、こういうときの秘密兵器(おっぱい)を使うという手がないわけで、どうするのかと思いましたが、係の人がタンバリンをならしつつ赤ちゃんのご機嫌を取るのです。タンバリンをカメラの前でならし、赤ちゃんが泣きやんでそちらを向くと、タンバリンをサッと退けてシャッターを切ります。うまいものです。何枚も写真を撮りました。
 オーツたちの写真撮影の前後には、他の客も来ていて、写真を撮っていました。1歳くらいの小さい子は、スタッフがあやしながら写真をぱしゃっと撮ります。3〜4歳の子供には、スタッフがぬいぐるみを見せて、お話をしながら、子供を笑わせ、写真を撮ります。オーツは何組かの写真撮影を見ましたが、そのお手並みは見事でした。子供の写真を撮るということは、実はいかに子供を上手にあやし、笑わせるかが勝負なのですね。納得しました。
 こういう店なら、今後とも利用してもいいかなと思いました。ま、オーツが利用することはなさそうですが、……。
posted by オーツ at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック