2011年01月30日

どちらの歯磨きチューブを使うか

 洗面台に、大きなチューブで 160 グラム入りだったけれど、残りは2割くらいの歯磨きチューブと、ホテルでもらった新品の 10 グラム入りの歯磨きチューブがあるとします。
 どちらを使うべきでしょうか。
 「どっちだっていい」という考え方もあるでしょう。オーツも以前はそうでした。しかし、今は違います。
 2本の歯磨きチューブがあると、最適なほうが決まると思います。それを使うべきだということになります。
 これについては、トイレットペーパーの正しい使い方
2009.7.30 http://o-tsu.seesaa.net/article/124578660.html
ということでブログに書いたことがあります。
 歯磨きチューブもそれと同じことです。正しくは「残量が少ないほうを使う」ということです。
 最初の設問でいえば、160 グラム入りだったものは、8割使っても残り2割があるわけですから 30 グラム程度入っています。ホテルでもらったものは 10 グラムですから、こちらのほうが残量が少ないということになります。つまり、ホテルでもらった歯磨きチューブを先に使うべきです。
 場合によっては、大きめのチューブを使い始めてから数年経っていて乾燥しかかっているとかいうこともあるかもしれません。そういう場合はそちらを使うべきですが、そのような問題がない場合の一般的な解はこういうことです。
 洗面台でちょっと迷って、考えたらこういう結論に至りました。
 歯を磨きながら、こんなことを考えているなんて、……。
posted by オーツ at 04:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック