2011年01月22日

札幌は雪が積もっていた

 オーツは仕事で札幌に日帰り出張しました。早朝出発で深夜帰宅となり、疲れました。札幌は遠いということです。
 それはともかく、この時期の札幌は今まで行ったことがなかったのですが、いろいろと新しい発見がありました。現地の人には常識的なことでしょうが。
 まず、新千歳空港に着陸したわけですが、空港が雪だらけでした。羽田などではちょっと雪が降ると飛行機が飛ばなかったりしますが、こちらではそんなことありません。
 新千歳空港と札幌の間はJR北海道のエアポート快速というのが走っており、JR東日本の SUICA で乗れるので、大変便利です。ところが、この自動改札、関東の私鉄が発行する PASMO は受け付けないのです。オーツは、PASMO と SUICA はどこでも同じだと思っていたので、互換性がないことがあると知って驚きました。
 電車に乗ると、回りの景色は雪だらけでした。オーツがいた日の朝から晩までは、まったく雪が降りませんでしたが、その前日には降っていたとのことです。雪だらけの地面の上にレールだけがむき出しになっています。JRの保線担当者たちの苦労が忍ばれます。
 札幌駅はちゃんと屋根があるので、ホームに雪はないのですが、札幌までの途中の小さな駅などでは、雪かきなんかしていられないのでしょう。駅のホームなども雪だらけでした。これだと、電車から降りると足が雪の中に埋もれてしまうことになります。
 暖かい電車の中でアナウンスを聞いていると、英語のアナウンスがイギリス式の発音でした。日本国内ではアメリカ式が圧倒的に多いと思いますが、こんなところでイギリス式が聞こえてくるとは驚きでした。
 札幌市内では、なるべく歩かないようにしました。もしも転ぶと大変ですから。
 で、歩いていける距離でもタクシーを使ったのですが、札幌駅前のタクシープールのクルマを見ると、どのクルマも、車体の下側の車輪の後ろに雪の固まりをくっつけています。そうです。車輪が雪を跳ね上げて、それが次々と付着していったわけです。たまに、それがはがれて道路に落ちます。
 札幌市内はどこも雪だらけで、普段何車線かある道路でも、車線を区切るライン(道路に白く書いてある破線)が見えませんし、右折や左折の矢印もまったく見えません。クルマは、地元の人が走っているケースが大半らしく、皆さん、迷わずに走っていました。もっとも、どのクルマもスピードは出せません。
 タクシーから見ていると、一部、雪のない歩道もありました。札幌の人によればロードヒーティングがされているとのことです。そのうち、札幌駅から大通りまで地下通路ができるとか。寒い季節は大いに助かるでしょう。
 交差点などでは、けっこうな量の雪の固まりが道路の端にドーンと置いてありました。雪かきをしたあとですが、いかにもじゃまです。クルマから歩行者などが見えにくいし、何とかしてほしいものです。
 タクシーを降りて、真っ白い雪に触ってみると、表面はふわふわで、いかにも最近積もったばかりという感じでした。オーツは雪に触るのは久しぶりで、今シーズン初めてです。札幌の人はわざわざ雪に触ったりはしないでしょうね。
 帰りに札幌駅に入線してきた電車を見ると、正面車両の先頭部の下半分に雪がかぶっています。また、6両編成でしたが、すべての車両の車台が雪だらけでした。一部はつららになっていました。寒いのですね。上野あたりでも、雪国からの列車が屋根やら何やらに雪を積んだかっこうで到着するのが見られますが、札幌ではすべての列車がそうなっています。当たり前ですが。
 あとから、デジカメを持って行けばよかったと思いました。写真を撮れば、東京の人間がどんなところに興味を持つかがわかってもらえるはずでした。まあ、記録代わりにこのブログに書いておきましょう。
 寒い季節の札幌もいいものです。2月7日からは雪祭りも開催されるという話ですから、こういう時期に出かけるのもいいのではないでしょうか。
posted by オーツ at 05:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初コメントです( ´ ▽ ` )ノ
日帰りで札幌とはなんともハードな!!
お疲れ様です。
Suicaは使えてPASMOは使えないって
PASMOユーザーの私にとっては
とても残念なお知らせです(;_;)
Posted by キムハナ at 2011年01月22日 12:42
キムハナ様
 オーツも PASMO を1枚使っているので、もしもこちらを札幌に持って行っていたら、くやしい思いをしたはずです。
Posted by オーツ at 2011年01月22日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック