2010年12月19日

孫はかわいいけれど大変だ

 昨日は、孫のところにようすを見に行ってみました。
 実のところ、嫁が外出したので、息子のようすを見に行ったというのが真相です。息子は赤ちゃんをずっとだっこしていて大変だとぼやいていました。母親の苦労を実感しているようでした。
 いやはや、けっこう気むずかしい孫です。生まれてから1ヵ月半でだいぶ世間のことがわかってきた感じです。
 オーツが赤ちゃんをだっこして、室内を歩き回っていると、赤ちゃんは機嫌がいいのですが、だっこしたままイスに座ったりすると、だんだん顔を赤らめてきて、最後は泣き出します。オーツが立ち上がって歩き始めるとピタリと泣きやみます。
 結局、4時間ほど、ほぼだっこし続けました。オーツは腕がおかしくなり、首筋がこりました。赤ちゃんはけっこう頭が重いのですね。自分の子どものときもそうだったのでしょうが、あまり覚えていません。
 孫は、体重が 4kg くらいだということですが、とてもそんなふうには思えません。ちょっとうとうとしたときなど、体重がいっそう重く感じられます。
 孫にミルクも飲ませてみました。うごうごと口を動かし、一生懸命哺乳瓶からミルクを飲む姿はかわいいものです。
 飲み終わったあと、眼を細めたりして、気持ちよさそうでした。あ、これは眠るかなと思って、しばらく背中をトントンやったり歩き回ったりしていると、おとなしくなってきます。そこで、そっとベッドにおいたのですが、……10分くらいで目をさましてしまいました。
 あとは、母音アの発音練習をずっとやっていました。いやいや、発音練習はもっと先でいいから、今は静かな環境を整えたいなあと思っても、容赦はありません。
 しゃっくりもすごいものです。全身でしゃっくりしています。体全体がびくんとします。体が痙攣でもしているかのようです。
 オーツが息子のところにいた4時間ほどの間、赤ちゃんはほとんど眠りませんでした。息子はオーツが行くまで3時間ほどだっこしたりしていたとのことですから、7時間の間に睡眠時間は10分くらいということです。これでいいのでしょうか。いいのでしょうね。睡眠時間は赤ちゃん自身が決めるもので、大人はコントロールできません。

 経験上、実感します。子育てには体力が必要です。だから、若いうちに出産した方がいいに決まっています。
ラベル:
posted by オーツ at 06:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オーツさま、すずきです。おじゃまします。遅くなりましたが、この場をお借りしてお孫さんの御誕生をお祝い申し上げます。これからも、息子さんご夫婦のじゃまにならない程度に、お孫さんの相手をしてやってくださるのがいいのかなと存じます。
私のところも先月末に第4児が産まれ、自宅はドタバタ、仕事は後回しになってしまいますが、何とか毎日を乗り切っています。私のところは義母が毎週半分くらいの日数、泊まりに来て助けてくれています。これはこれでありがたいことだと感謝しております。
ともあれ、くり返しになりますが、お孫さんの御誕生お祝い申し上げます。
Posted by すずき(匿名) at 2010年12月24日 14:49
すずき(匿名)様
 先月末に第4子誕生といえば、あのすずきさんではありませんか。
 メッセージをありがとうございます。
 おかげさまでのんきに暮らしております。

 4人目ともなると、慣れたものでしょうかね。
 いや、やっぱり大変でしょうかね。
 ともあれ、そのうち子育て奮闘記を聞かせてください。
Posted by オーツ at 2010年12月24日 15:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック