2010年11月12日

クルマの窓を閉め忘れる

 先日、ちょっとクルマで走ったとき、暑いかなと思いました。
 そこで、運転席側と助手席側の両方の窓を開けて風を入れました。
 ところが、目的地に着いて(駐車場は屋外でした)クルマから離れるとき、運転席側の窓は閉めたのですが、助手席側の窓を閉め忘れたのです。そのままドアをロックしました。
 1時間ほどして、クルマに乗ったとき、外の雑音がいやにはっきり聞こえてくることで、窓の閉め忘れに気がつきました。
 雨が降っていたわけではないので、大した問題ではないのかもしれませんが、窓を閉め忘れれば、車内の物が盗まれる可能性がぐっと高まります。
 いや、考えてみれば雨が降っていれば窓を開けないから問題はありません。クルマを離れるときは雨が降っておらず、戻ってきたときは雨が降っていたというのがあり得るケースです。そういえば、10年ほど前、オーツの知り合いがこれをやってしまい、助手席のシートがびちゃびちゃになってしまいました。オーツは「自分だったら絶対やらない」と思っていました。
 オーツがクルマに乗り始めてから、こういうことはたぶん一度もなかったと思うのですが(それともやってしまったことを忘れているのですかね)、とうとうやってしまいました。

 いよいよこのブログがボケ日記になってきました。
ラベル:クルマ
posted by オーツ at 04:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック