2010年11月05日

ポメラの電池がなくなる

 オーツは、ポメラを愛用しています。
2010.3.7 http://o-tsu.seesaa.net/article/142952894.html
 普段から使っているわけではありませんが、出張先にポメラを持って行くときも多いものです。パソコンを持参すると、ちょっと重すぎると感じるときでも、ポメラならばそんなに気になりません。出張先でブログを書いたり、原稿書きをしたり、いろいろと重宝しています。
 先日は、ホテルでポメラを使っていて、突然、電池切れになりました。ポメラは単4電池2本で動いているのですが、電池が消耗したというわけです。
 ホテルのフロントに聞いたら、300 メートルほど離れたところにコンビニがあるとのことだったので、朝早い時間帯での散歩になりました。しかし、単4電池を入れ替えたらポメラが再び元気になったので、まあよしとしましょう。
 問題は、ポメラの電池残量の表示です。
 電池が消耗してくると、画面右下の電池のマークの形が変わります。オーツの場合、ずっとフル充電のマークだったのですが、ホテルで使っていると、数本の線の内の1本が消えて、やや電池が消耗したことを示していました。新幹線の中で2時間ほど使う予定だったので、その前に予備電池を購入したほうがいいかななどと考えていました。すると、突然、ポメラが動かなくなってしまったのです。
 つまり、電池が消耗していることを、もう少し早めに知らせてほしいということです。電池が少なくなったというマークが出てからすぐに電池切れになってしまっては、予備の電池の用意が間に合いません。いつもコンビニがそばにあるとは限らないでしょう。新幹線の中で書き物をするつもりでいて、電池切れになってしまったら、電池が買えません。(カートでジュースなどを販売していますが、あそこに単4電池があるとは考えられません。)
 いっそのこと、ポメラの電池もエネループを使うことにしましょうか。エネループ用に充電器が大きいのが問題ではありますが、ポメラと充電器を持ち歩けば、たいてい大丈夫なようです。
ラベル:ポメラ 電池
posted by オーツ at 06:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック