2010年10月03日

Windows 7 では WATCOM FORTRAN 処理系が使えない(続)

 昨日の話
2010.10.2 http://o-tsu.seesaa.net/article/164384047.html
の続きです。
 数日間探した結果、自宅の本棚に WATCOM FORTRAN のマニュアルを発見しました。分厚いものだったので、「発見」できました。マニュアルがこんなにも分厚かったことを忘れていました。
 FORTRAN コンパイラのマニュアルを見ていたら、販売会社ソフトボートのサポート情報などが書いてありました。
 ところが、ネット内を見ても、うまくアクセスできません。
 検索エンジンで調べてみると、
http://www2.nsknet.or.jp/~azuma/ra/ra0010.htm
の記事の中に以下のようにありました。
ライフボート
 メガソフトのグループ企業,東京都千代田区。 システムソフトウェアの販売を行っている。
 1981年,PC 用システムソフトウェアの輸入販売会社として設立。 1990年代にはシステムコマンダーなどを扱った。 1998年に社名を株式会社ソフトボートに変更。 2000年4月,株式会社アイネットの子会社となる。 2001年,アイネットが株式会社ソフトサイエンスと合併,ソフトボートは2002年4月に株式会社 YDK システムセンターとともに株式会社プロトンへ吸収合併された。 その後から,企業文化の違いなどから退職を考えるソフトボート社員が相次いだ。 そこで,旧ソフトボートの有志社員が集まり,メガソフト株式会社からの出資を受け再創業,2002年9月1日より営業を開始。

 簡単にいうと、ソフトボートという会社はすでになく、ライフボートという会社になっているわけです。
 ライフボートのホームページ
http://www.lifeboat.jp/
を見ても、WATCOM FORTRAN の話はまったく出てきません。
 となると、Windows 7 で WATCOM FORTRAN が動かないという問題の解決は、ここに頼めないことになります。
 さあ、いよいよ困ったことになりました。

 「ハードはいつかは壊れるけれど、ソフトは腐らないから何十年でも使える」がオーツの信条でしたが、そうではないことがわかりました。OSが変わることでソフトは腐らされてしまうのです。
 この際だから、新しい FORTRAN コンパイラに乗り換えることを考えましょうか。
 この問題はさらに続きます。
posted by オーツ at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック