2010年09月27日

ネギの値段が高い

 ここのところ、ずっとネギの値段が高止まりしています。
 オーツがよく行くスーパーでは、たいてい、150 円くらいで何本かのネギを束にして売っていますが、最近は、3本程度でひとまとめで、しかもこれが 250 円もするのです。1本 100 円なんてものも売っていました。
 今年の夏の猛暑が原因のようです。自然が相手ではしかたがありません。
 ネットで見ると、以下のような新聞記事があります。
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201009140146.html
「高値の原因は、猛暑や天候不順で野菜の生育が悪化し、入荷量が減っているため。広島市中央卸売市場の荷受会社、広印青果によると、ネギやホウレンソウなどは主産地の広島で高温と少雨により生育が悪化。」
 八百屋さんのブログもありました。以下のような記述です。
http://blog.goo.ne.jp/eru-seika/e/40054c339158f16485b956345582d027
「気温も冷え込んで、お鍋の季節に・・・ですが!! 鍋に必需品の”ネギ”が↑高いです。白ネギも北海道産の5Kgで2500〜3000円台になってます。県産の青ネギも1束、最高値は200円台に1袋30束入りですから6000円以上、中級のもので140/150円もしてます。小売店では白ネギをバラで売るとこも出てくるかと。。。」
 お好み焼き屋さんも苦労しています。
http://maximunthehormone.hamazo.tv/e2633004.html
「ここ1ヶ月ほど、野菜の価格高騰が続いております。葉ネギの仕入れ価格ですが、最近では、安い時の5倍になってしまいました(泣)市場でもあまりの高値の為、利益を乗せられず、そのまま転売しているそうです。困った時の駆け込み寺、豊田町のco-opにも走りましたが、品物が全く入荷しない状況です・・・。泣く泣く、高価格のネギを買い、お店でカットして原価計算・・・。「ネギ焼きプレーン」1300円という売値になってしまいました(泣)こんな値段では、B級グルメの範囲でなくなってしまいます。仕方なく販売中止という形にさせて頂きました。」
 ただし、今後は希望がないわけでもありません。
http://vegetan.alic.go.jp/22.9.21jyukyureport.pdf
「・青森産は、肥大具合も良好で順調な出荷となっており、9月は前年並みの出荷量が見込まれる。秋田産は猛暑の影響で肥大が悪く細めだったが、気温の低下とともに、生育が回復し前年並みの出荷量が見込まれる。
・9月の主産地である青森産、秋田産等東北産の順調な出荷が見込まれるが、後続の産地である茨城産の出荷が遅れていることから、価格はやや高めで推移する見込み。」

 というわけで、鍋物などはもう少し待ちましょう。
ラベル:ネギ 値段 猛暑
posted by オーツ at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック