2010年09月21日

越後湯沢(3)トスラブ湯沢

 以前にも何回か泊まったことのある宿です。
2008.4.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/92621980.html
 早めにチェックインして、温水プールで一泳ぎしました。とはいえ、水温はあまり高くなく、ぬるいというよりはやや冷たい感じでした。1時間ほど泳ぎましたが、けっこう手足が疲れ、プールサイドの座椅子に寝そべっていると、重力が大きくなったような感覚になりました。

 夕食については、
http://www.its-kenpo.or.jp/resort/tos_yuzawa/restaurant09_01.html
にあるとおりです。
 まもなく、このページは消されてしまうと思うので、メニューだけ、以下に書いておきます。これは、テーブルにあった献立(料理長 瀬川義昭氏作成)にしたがって書いたものです。
【先 附】子持ち昆布菊花和え 菊菜 馬鈴薯 糸がき
【吸 物】清汁仕立 月見玉子 揚鱧(ハモ) 舞茸 三つ葉 口、柚子
【造 り】勘八平造り 鮪小角 甘海老 芽物色々
【煮 物】秋鮭嶺岡煮 茸色々 紅葉麩 いくら 天、山葵
【焼 物】目鯛西京焼 菊花蕪菁 ミズ当座煮
【強 肴】舌平目香草揚げ 南瓜 茄子 青唐
【酢の物】鰻巻玉子磯辺ソースかけ モロッコ豆炒煮 酢蓮根
【留 椀】赤出し仕立 切り蟹 豆腐 浅葱 口、粉山椒
【食 事】こしひかり 香の物
【水菓子と甘味】巨峰と芋ようかん
 係の人が一皿ずつ運んできてくれました。それぞれの量が少な目だったので、全体としてちょうどよかったです。
 オーツは、瓶ビール(アサヒスーパードライ 500cc、320 円)と日本酒(久保田 萬寿 180cc、1170 円)を飲んで、いい気分でした。ここは酒類も安くてありがたいです。

 朝食の献立もメモしておきましょう。

一、大根煮なます
一、鹿尾菜有馬煮
一、出汁巻き玉子 染めおろし
一、鶏肉治部煮 焼葱 茄子 山葵
一、縞ほっけ焼 べっ甲生姜
一、味噌汁 茸色々 豆腐 浅葱
一、こしひかり 又は お粥 香の物
一、パイナップル

 オーツは、「鹿尾菜」を知らなかったのですが、ひじきのことを漢字でこう書くのですね。
 献立に書いてありませんが、焼き海苔、納豆、梅干しがサービスされました。さらに、熱い緑茶、お冷やの他に、ジュース一品(オーツはグレープフルーツにしました)、それにコーヒーまたは紅茶が付きます。
 夕食も朝食もけっこうでした。

 ところで、以前泊まったときよりも、アメニティグッズが減らされていたり、若干サービスの質が下がったりしています。これは、国民健康保険にかなりの金額を拠出させられるため、健康保険組合の経営が厳しく、その結果、トスラブ湯沢もコストダウンを迫られているということのようです。ちょっと残念です。
 とはいえ、いまだに宿泊料に見合わないサービスですので、お得な宿といえるでしょう。
 ただし、なかなか空きがなくて、申し込んでも抽選で外れることが多いので、泊まりにくいのですが、……。ここは ITS 健康保険組合の関係者でないと泊まれません。
ラベル:トスラブ湯沢
posted by オーツ at 05:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック