2010年08月29日

デジカメ パナソニック LUMIX DMC-TZ10

 オーツは、デジカメを買うことにしました。
 以前から使っていたデジカメは、相当に古く、2001 年のお正月の年賀状で2等があたって、郵便局からもらったものでした。9年も使えば、かなり見劣りがするようになります。一番使いにくいのは、液晶が小さく、暗いことです。フィルム式カメラのようにファインダーからのぞいて撮影するスタイルでないとうまく映らないのですが、これがめんどうな感じです。電池の消耗が早いことも問題でしたし、画素数も大したことなくて 131 万画素しかありません。
 今回は何を買おうかと迷いましたが、近所のお店に行くと、パナソニックの LUMIX シリーズが売れているとのこと。そこで、デジカメのカタログをもらってきて、現在売られている機種を相互に比較検討しました。
 今や、デジカメでは、動画の撮影機能が全機種に付いていることに驚きました。(余計な機能のようにも思います。)
 それはともかく、数機種を比べてみた限りでは、光学ズーム機能が優れている DMC-TZ10
http://panasonic.jp/dc/tz10/
がよさそうに思いました。2010年3月発売で、新発売でないところも気に入りました。(一番の高値づかみは避けたいものです。)
 値段のほうは、kakaku.com で調べました。すると、最安値は 21,789 円でしたので、ここで買うことにしました。近所の店はそれよりもずっと高い値段を示していました。
 画素数は、1450万画素(総画素)/1210万画素(有効画素)ということで、今までのデジカメの10倍です。
 光学ズームは 12倍で、遠くにあるものが撮影でき、ちょうど望遠鏡を内蔵しているような感じです。
 手ブレ補正機構や顔認識機能が付いています。GPS 機能まであって、どこで撮影されたか自動的に記録されます。十分です。
 また、デジカメに合わせて SD カードのメモリを買う必要があります。これも、近所の店ではノーブランド品が 4GB で 880 円と激安でした。一方、kakaku.com で調べてみると、16GB で 2,670 円からあるのです。これを買うことにしました。
 デジカメと SD カードをそれぞれ別の店から買うことになりましたが、何より価格が一番重要ですから、それでいいと思いました。
 ふと気になって、旧デジカメの SD カードを抜き出して見てみると、128MB になっていました。何と、この9年間で記憶容量が 100 倍にも増えていたのですね。オーツはまるで浦島太郎状態でした。
 デジカメを使う前に、マニュアルを読もうと思いました。旧デジカメのマニュアルは、 74 ページほどのコンパクトなものでしたが、今回は、判型も大きく、179 ページもありました。まるで本並みです。しかもパソコン接続編はそれとは別に 35 ページあります。あまりに長いので、「かんたん操作ガイド」という1枚の紙も付いていて、最低限使うにはこれだけでいいようになっています。
 いやはや、マニュアルは厚くなる一方なのですね。ケータイでもブルーレイレコーダでも、とても覚えきれないくらいの厚さです。ま、覚えていなくていいようにマニュアルが付いてくるのでしょうが。
posted by オーツ at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック