2010年08月12日

アル・ケッチァーノ@山形県鶴岡市

 4人ほどで会食しました。
 山形県を代表するともいえるイタリアンレストランです。
http://www.alchecciano.com/al-checciano.html
http://www.ques.co.jp/alchecciano/
 オーツたちが食事にいったときも、テレビ局が取材に来ていました。ことほどさようにメディアでの注目度も高い店で、普段から予約で一杯になっており、普通にはなかなか食べることができません。
 オーツの知り合いが2ヵ月も前から予約しておいてくれたので、食べることができました。
 お店の名前は、イタリア語らしい響きがありますが、鶴岡弁で「あるのよねえ」の意味です。隣に「イル・ケッチァーノ」という店もありました。そのうち「ウル・ケッチァーノ」という店も準備中だとのことです。「エル・ケッチァーノ」というのもあるそうです。
 オーツたちは、「大皿取り分けおまかせ」という料理を頼みました。
 いやはや、いろいろと料理が出てきました。そのたびに店員さんが説明してくれましたが、まったく記録を取らなかったので、全部忘却の彼方です。岩牡蠣など、地元の食材を使った料理が堪能できました。地産地消をモットーとするオーナーシェフの方針はすばらしいものです。
 パスタも何種類か含まれ、おなかいっぱいになりました。
 お酒の方は、生ビールからはじめて、白ワイン(月山ワイン)、日本酒(銘柄は忘れました)と楽しみました。
 その割には、会計してみると、さほど高いわけではなく、こんな料理が楽しめてこの金額ならば、再度来たいと思うものでした。
 お店の場所がちょっと離れているので、クルマで行くしかないところが不便です。オーツたちは地元の方に送ってもらいましたが、帰りは運転代行を頼みました。

参考記事:
http://r.tabelog.com/yamagata/A0603/A060302/6000022/
http://rp.gnavi.co.jp/3014645/
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/322344/
http://www.hotpepper.jp/strJ000101463/
http://restaurant.gourmet.yahoo.co.jp/0003261435/(辛口意見あり)
http://www.yway.jp/guide/shop.html?id=2444
http://www.week.co.jp/ngg/122840/
http://www.sansaiya.com/slowfood/alchecciano/index.html
http://www.attico.net/alchecciano/001/alchecciano_1.html
http://bp.shogakukan.co.jp/okuda/alchecciano.html
2010.9.23 追記
 この話の続きを
http://o-tsu.seesaa.net/article/163477022.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック