2010年06月01日

サイコ(1960)

 オーツが見た映画です。ヒッチコックの作品です。モノクロがいっそう不気味さを醸し出します。
 ジャネット・リーが会社の金をくすねるところから物語が始まります。それがメイン・プロットかと思っていると、実は別の恐い話があるのです。次々と殺人が起こるところが恐いのです。
 ジャネット・リーが入浴中にナイフで襲われるシーンなどは、現代ならば SFX を効かせて、もっとグロテスクに撮影するところでしょう。割とあっさりしています。しかし、そのあとの殺人現場の掃除シーンなどは、かなり丁寧に描いています。
 私立探偵がナイフで襲われるところも、あっさりした描写です。
 現代のすさまじい SFX を見慣れてしまった目には、ちと物足りなかったかも。
 最後のシーンで、精神科医が一人でしゃべりながら種明かしをするのは、もう少し演出のしようがあったように感じました。今となっては手を加えられませんが。
 この映画は、ストーリーを忘れたころに再度見るといいでしょう。ずっと飽きずに見ていられると思います。

 余談ですが、ジャネット・リーが死んだあと、カメラが死体の目のズームアップをとらえますが、その後、ちょっとカメラが引いたところで、死体のノドの部分が(脈を打ちながら)少し動いているのを発見しました。死体の役はむずかしいということですね。


posted by オーツ at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック