2010年05月23日

Google chrome が提供する「機械翻訳」の精度

 オーツはブラウザとして Google chrome を使っています。
2009.2.20 http://o-tsu.seesaa.net/article/114527883.html
 なかなか快適です。
 ところで、Google chrome は、機械翻訳の機能があり、英語のページなどにアクセスするときに、自動的に全部を翻訳してくれます。(翻訳するかどうかは利用者が選択するわけですが。)
 どれくらいの翻訳能力があるのか、気になって、ちょっと試してみました。
 権限のないところにアクセスしようとすると起こるエラーです。
Forbidden
You don't have permission to access / on this server.
Additionally, a 404 Not Found error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.

 さて、どう翻訳されるでしょうか。
故宮
あなたがサーバーは、この上の/アクセスする必要があるアクセス許可をしない。
しようとするために使用ErrorDocumentをを処理する要求処理中に検出されたエラーが見つかりませんの404また、。

 う〜ん、飛んでもないレベルですね。
 Forbidden(禁止されている)が「故宮」ですか。
 故宮の別名称は「紫禁城」ですが、これを英訳すると「forbidden city」とかになるのでしょう。
 「/」の訳(何と何が or で結ばれるか)はむずかしい問題です。
 それを除外しても、
第2文は意味不明です。
 第3文は、いよいよひどく、「をを」という、日本語ではありえない助詞連続を出してしまっています。
 最後の「の404また、。」は、翻訳できなかった部分に日本語の単語をあてはめて並べただけのようです。「また、」は Additionally の訳でしょう。
 機械翻訳の現状をかいま見てしまいました。
2010.5.23 追記
 ある方から「〜 access / on this server.」は「このサーバーのルートディレクトリにアクセスする」という意味だと指摘されました。
 オーツの間違いでした。
 感謝しつつ、追記しておきます。
posted by オーツ at 05:26| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック