2010年05月12日

耳を洗う

 オーツは、風呂に入って、ふと思いました。
 ずっと耳を洗ってきませんでした。顔は石鹸で洗うし、髪はシャンプーで洗いますが、その境界の「耳」は何となく洗い残してきたわけです。耳たぶ、耳穴の中を含めての話です。風呂上がりに拭く程度のことはあっても、積極的に石鹸を付けて洗うことはしてきませんでした。
 生活習慣の中に根ざしていますから、こういうことにはなかなか気がつかないものです。
 もしかして、ものごころついて初めて(?)耳を洗って、耳の穴の中にお湯が入ってくるこの感覚は新鮮だと思いました。
 ずっと洗っていなくても特に問題はないことを実感しました。これからもたぶんあまり耳を洗うことはないように思います。(たまには洗うでしょうが。)
 人間の体なんて、こんなものかもしれません。洗わなければ洗わないで済んでしまいそうです。
 参考記事を見てみると、耳の穴を洗うと、中耳炎になりやすいなどと書いてあります。まあ、洗わずに、風呂から出た後で拭く程度でもいいのかもしれません。

参考記事:
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0417/235333.htm
ラベル:
posted by オーツ at 05:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック