2010年04月08日

御柱祭(3)

 御柱祭を見た後は、諏訪湖畔のホテルに泊まりました。「ホテル紅や」
http://www.hotel-beniya.co.jp/
でした。食事がおいしくて、なかなかいいホテルでした。
 諏訪湖には、間欠泉があると聞いていましたが、翌朝、散歩しながら見に行くと、以前は自噴していたそうですが、今は機械で圧縮空気を利用して噴出させるという説明がありました。高さも、ずっと小ぶりになっているという話でした。9:30 から 16:00 まで時刻を決めて吹き上げさせているということで、まあ間欠泉の雰囲気が感じられる程度の話です。
 4月4日は、諏訪大社の下社春宮に参拝しました。御柱のうちの2本が立っているところを見ました。御柱はずいぶん高い(長い)ものなのですね。
 ところで、6年ごとに、合わせて16本の御柱が交換されるわけですが、それまで立っていた古い御柱はどうなるのでしょうか。諏訪大社に行ってわかりました。お守りやおはらい棒(おんべ)に加工されるのです。モミの木なので、軽くて加工しやすそうです。(オーツは買いませんでしたが。)
 参拝後、春宮のそばの駐車場で、大名行列か何かの練習をしている若い男性の一群を見かけました。信州大学の学生さんたちでしょうか。ゆっくりと歩くその様式美を感じさせました。服装は普段着でしたが。
 それから、松本城を見学しました。日曜日とあって、天守閣に登る人が多く、前回行ったとき
2007.11.27 http://o-tsu.seesaa.net/article/69521784.html
よりもはるかに混み合っていました。
 その後、山高神代桜(やまたかじんだいざくら)
http://www.hokuto-kanko.jp/sakura/sakura_yamataka.html
http://park8.wakwak.com/~matsunaga/
を見に行きました。これは、山梨県北杜市武川町にある桜で、ちょうど満開でした。樹齢 2000 年のエドヒガンザクラだそうです。桜はそんな長寿の場合もあるのですね。その周辺の桜もきれいでした。
ラベル:御柱祭
posted by オーツ at 04:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック