2010年04月02日

東芝の照明直付け・スリム管

 オーツの自宅で使っていた照明器具のスイッチが壊れました。ヒモで引っ張ると全点灯→半点灯→常夜灯→消灯が変わっていくタイプだったのですが、変わらなくなってしまいました。
 今の家に引っ越してきてから11年経ちますが、この照明器具はその前に住んでいたマンションで使っていたものですから、20年ほど使っていたのではないでしょうか。
 もう、引退させてもいいだろうと思って、電気屋さんに行って、新しい照明器具を買ってきました。東芝の照明直付け・スリム管で、FVH16001RP/W106 というものです。15,800 円でした。
http://www.kojima.net/netshop/shopping/details_info.html?prid=5501880000001
 自分で簡単に取りつけられるということでした。店員さんによれば(実際その場でやって見せてくれましたが)取り付けは1〜2分でできてしまい、ちょっと時間がかかったとしても5分か10分でできるという話でした。
 しかし、自宅を調べてみたところ、以前使っていた照明器具が旧型で、引っ掛けシーリングを使っておらず、配線直付けタイプだったので、まずは、引っ掛けシーリングを付ける工事をしなければなりませんでした。これに 4,500 円かかりました。明細は、忘れましたが、出張費 2,000 円、工事費・部品代 1,500 円、取り外し廃棄料 1,000 円だったように思います。
 ついでに、購入した器具の取り付け料を聞いてみたら、1,200 円とのことです。自分でも十分できそうなので、これは依頼しなかったのですが、まあ、何というか、明朗会計ですばらしいですね。年を取ったら、踏み台の上に乗って作業するのも大変なので、こういうのを有料で頼むことになるのでしょう。今は、そこまで足腰が弱っているわけではないです、はい。

 その後、工事日になると、業者がやってきて、古い照明器具を撤去するとともに、新しい照明の取りつけも無料でやってくれました! ありがたかったですね。
 段ボールなどの梱包材も片付けてくれました。助かりました。
posted by オーツ at 05:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック