2010年04月01日

軽井沢の寒さ

 オーツが軽井沢に行ったのは、1泊2日の日程でしたが、避暑地として有名な軽井沢は、3月末でも寒い地域でした。
 カーナビの案内にしたがって走ったところ、メインストリートでなくて、ローカルな道に迷い込んでしまったのですが、道路には雪が積もっていました。時速 10km くらいまでスピードを抑えて走りましたが、サマータイヤだったのでだいぶ緊張しました。
 そして1晩クルマを外に止めておいたら、朝にはフロントグラスに雪が積もっており(いつ降ったのでしょうか)、出発前には雪かきが必要でした。
 クルマの中にはペットボトル入りの水がおいてありましたが、これが凍っていました。テレビで天気予報を見ていたら、朝6時ころの気温が零下 7.7 ℃だそうで、なるほど寒かったのですね。(ちなみに、日中の最高気温は 4 ℃とのことでした。)
 オーツは、クルマをゆっくり走らせながら、他人が乗っていない状態で、雪が積もっている舗装路の上で急ブレーキをかけてみました。時速 20km でも ABS が働きました。時速 10km で再度試しましたが、それでも ABS が働きました。つまり、舗装路に雪がある状態では、時速 10km で走ってもクルマが止まれないことがあるというわけです。雪道の恐さを実感しました。
 その後、塩沢湖の近くにある「軽井沢高原文庫」
http://www.karuizawataliesin.com/kougen/kougen2004.html
に行ったのですが、道路は完全に除雪されているものの、道路外は雪が積もっている状態でした。「軽井沢高原文庫」は、軽井沢にゆかりの作家たちの自筆原稿などが展示されていましたが、展示室にもお土産コーナーにも暖房が入っておらず、けっこう寒い思いをしました。
 この時期でも軽井沢では十分スキーが楽しめるのですから、その寒さは想像がつくというものです。
posted by オーツ at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック