2010年03月10日

パソコンが42時間動いた。

 以前、ブログで「パソコンが21時間ほど動き続けた」と書きました。
2010.2.24 http://o-tsu.seesaa.net/article/142004401.html
その後、ちょっと古いパソコンで、外付けハードディスクを付けて、似たような大規模データ処理をしたのですが、今度は42時間動き続けました。停電にならなければ、パソコンは長時間駆動もけっこう可能なのだと実感しました。
 これからは、古いマシンでも、長時間かけて動作させようと思います。まあ10年も20年も前のパソコンを使うわけではないのですから、こんな使い方でも十分実用的になります。
 日本は、電源が安定供給されるので、大変、ありがたい場所です。外付けハードディスクは、100ボルトの電源で動作していますから、停電が起きたら、それでジョブの実行は中断されてしまいます。
 電気が来ていることは、普段インフラとは意識しませんが、諸外国では停電が当たり前のようなところもあると聞くと、やはり日本はインフラが整っているなあということになります。
 オーツの自宅では、冬にブレーカーが落ちることがあるので、
2008.12.31 http://o-tsu.seesaa.net/article/111900792.html
こういう長時間ジョブをするときには勤務先のほうが安全のようです。
posted by オーツ at 05:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック