2010年01月28日

パソコン内のファイルをポメラにコピーしようとすると

 オーツは、ポメラを買った後、パソコン内のファイルのうち、いろいろなメモに使いそうなファイルをポメラにコピーしようとしました。
 ところが、ここでまた問題が起きました。
 第1の問題は、USB ドライブでポメラをパソコンにつなぐと、ドライブが三つ増えることです。
 ポメラ側では、本体メモリと MicroSD カードという2種類のメモリがあるので、パソコンに接続すると、ドライブが2個増えるものと思っていました。マニュアルでもそう読めます。ところが実際は三つ増えるのです。それぞれの記憶容量を調べてみると、E=89.9MB、F=16.8MB、G=1.84GB となっています。オーツはポメラに 2GB の MicroSD カードをセットしましたから、G ドライブがこれでしょう。
 本体メモリは、
http://www.kingjim.co.jp/pomera/dm20/spec/index.html
によれば、「最大保存可能文字数は約28,000,000文字(1ファイルあたりの最大文字数は約28,000文字/最大1,000ファイル登録可能)」とあります。ここでの文字数が全角文字か半角文字か、わかりませんが、仮に半角としても 28MB 入ることになります。とすると、F=16.8MB ではありえません。つまり、E=89.9MB が本体メモリということになります。ポメラのマニュアル
http://www.kingjim.co.jp/support/manual_pdf/pomera_dm20.pdf
の p.100 には、内蔵ユーザーメモリ(文書記憶メモリ)として、89MB と書いてあります。
 となると、F=16.8MB というのは一体何でしょうか。オーツにはわかりませんでした。
 その後、はたと気づきました。カレンダーにリンクしている日付メモのファイルの格納領域でした。日付メモにちょっと書き込んでみたら、F ドライブに日付がフォルダー名になったフォルダーが生成されており、その中にファイルが生成されていることがわかりました。

 第2の問題は、たくさんのファイル(中にはさまざまな拡張子のものを含みます)をポメラにコピーしようとすると、しばしばエラーが起こるということです。
 これは、パソコン側でどんなソフトを使うかによって事情が違ってくると思われます。
 オーツの場合、「セマフォがなんたらかんたら」というエラーがよく起こりました。(ちゃんと記録しておかなくてスミマセン。)都合9件でした。このエラーは、大きなファイルをコピーしようとすると起こるのかと思いましたが、コピーできる場合もあり、そう簡単な話ではなさそうです。エラーが起こると、毎回手作業で確認が求められます。一通りコピーしたあと、再度同じフォルダーを指定してコピーしたら、エラーが出なくなりました。セマフォというと並列処理に関連するようで、USB メモリにコピーしようという場合に、たくさんのファイルをコピーしていくと複数のファイルを並列でコピーするようなことが起こるのでしょうか。よくわかりません。

 余談ながら、USB メモリとして考えると、ポメラの動作はかなり遅いです。大量のファイルをコピーすると、うんざりするくらいに待たされます。単4乾電池をセットして使い始めたのですが、コピーが終わるまで電池が持つのか、心配になりました。数時間かかって、ファイルのコピーが終わりました。
 オーツは、今まで、パソコンを持参するほどではないところに行くときは、USB メモリにいくつかのフォルダーをコピーして持参していました。今後は、USB メモリの代わりにポメラを持参しようと思っています。よく使うファイルが MicroSD カードに入れてあるので、一部のファイルが直接参照できること(編集もできること)と、ポメラ自体で新しいメモを手軽に書くことができるのです。書いたメモは、後日、パソコンにコピーすればいいので、まあ便利ではないかと思います。
 紙の手帳を使うことを止めるか
2009.12.8 http://o-tsu.seesaa.net/article/135002918.html
という問題ですが、ポメラにはすぐに慣れるとは限りませんので、当面は、ポメラと紙を併用します。ポメラを使っていくうちに本質的な欠陥に気がつくかもしれません。紙からポメラに全面的に移行してしまうと、いざというときに怖い気がします。
posted by オーツ at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック