2009年12月31日

除夜の鐘

 大晦日の除夜の鐘は誰がついているのでしょうか。
 オーツは、お寺の関係者だとばかり思っていました。
 しかし、どうやら違うようです。
 なかの区報 No.1982(2009.12.20 発行)裏表紙のところの記事によれば、一般の人がついているのですね。
 中野区では、以下の3箇所で除夜の鐘がつけます。

福蔵院
時間 午後11時50分〜翌午前1時半
料金 無料(並べばどなたでも撞けます)

新井薬師 梅照院
時間 午前0時〜2時
料金 108人目まで500円(お守り付き)、それ以降は志納(お守りなし)
 ※オーツ注:志納とは、任意の金額という意味です。

了然寺
時間 午後11時半〜翌午前0時半
料金 無料(並べばどなたでも撞けます。ただし、合計108回まで)

 あ、この時期、オーツは東京から逃げ出しているので、これらで除夜の鐘はつけません。
ラベル:除夜の鐘 中野区
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック