2009年11月23日

歯磨き

 オーツは、歯医者さんから、歯磨きをするとき、右下の奥歯の内側をよく磨くようにいわれています。
 どうもここが磨き残しが多いようなのです。確かに、磨くのがむずかしい部分です。
 で、実際、どのくらいまで歯ブラシを突っ込むか、歯医者さんのところでやってもらい、その感覚で自宅でも歯磨きをしています。実のところ、かなり奥まで歯ブラシを突っ込みます。
 このやり方で大変なのは、ついオエッとなってしまうことです。歯磨きの泡が口の中にたまり、口の奥の方まで歯ブラシを突っ込むと、たいていこうなります。歯磨きを終えるまで、数回はこんなことになります。
 通常でも大変ですが、飲んだ翌朝(二日酔いでなくても、少しは残っているような場合)はもっと大変です。ホントに吐くかと思います。
 以前、歯磨きをしながら、実際に吐いてしまったこともありました。これは気分が悪くなります。朝から気分が台無しです。

 オーツが子供だったころ、父親が洗面台のところで歯磨きをしながらオエッオエッと変な音を出していたのを思い出しました。当時は、何であんなことになるのだろうと不思議に思っていましたが、今や自分がそうなっているのですね。
 親は、自分の30年後の姿を映し出す鏡のようなものです。(あ、オーツの場合は両親ともすでに他界していますが。)
ラベル:歯磨き
posted by オーツ at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック