2009年11月09日

足の親指の爪の汚れ

 オーツは、風呂に入った後に気がつきました。両足の親指の爪の先のほうのインサイド側(右の親指の左側と左の親指の右側)に黒い汚れが付いています。爪の内側ですが爪を通して透けて見えます。見たところ、靴下の繊維のようです。それにしても、数mmほど入り込んでいます。
 そこで、まず足の爪を切り、汚れをほじくり出してみようと思いました。手の爪で挟むようにして取り出してみると、確かに繊維で、靴下の一部であることはわかりました。しかし、なかなか全部が取れません。次に、針(まち針)を爪の内側に入れて、ほじくり出してみようと思いました。特に痛みはなく、数mmの深さまで針を入れることができました。ちょっとした手術みたいで緊張しました。
 結果的に、両方の爪の汚れを取り除くことができました。
 それにしても、こんなところに汚れが付くのですね。よく入っていったものだと感心しました。
ラベル:親指 汚れ
posted by オーツ at 05:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック