2009年10月04日

切手の貼り間違い

 封書を出すときに、切手を貼っておき、妻に郵便ポストへの投函を頼みました。
 すると妻が「50円切手しか貼っていない」と返してきました。
 何と、オーツは、80円切手を貼るべきところ、50円切手を貼っていたのでした。
 オーツがこういう間違いをするのは久しぶりです。ずっと前に、20年くらい前でしょうか、ちょっと重めの郵便を出すときに重さを量らずに定形郵便の切手を貼って出したら「料金不足」で自宅のポストに返されてしまったことがありました。それ以来ではないかと思います。まあ、このときは料金不足といってもちょっとだけグラム数が多かったのであって、切手を貼り間違えたのとはわけが違います。
 単純な郵便料金を間違えるなんて、まずありえないことです。
 しかし、オーツは現実に間違えてしまいました。封筒に50円切手を貼って投函しようとしたわけです。自分でショックを受けました。
 いよいよボケの始まりかもしれません。
2009.10.28 追記
 この話の続きを
http://o-tsu.seesaa.net/article/131376372.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
ラベル:切手 郵便料金
posted by オーツ at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック