2009年09月16日

アルカリ乾電池の液漏れ

 オーツは、数年前に単3のアルカリ乾電池を数百本買ったことがありました。実際は、そんなに使わなかったので、残ったのですが、そのうち使うこともあるだろうと思って、段ボールの箱の中に保存しておきました。
 最近、段ボール箱を開けて確認してみたところ、乾電池の中の半分程度が液漏れを起こしていました。使用期限を確認してみると、2005年5月となっていました。乾電池を買ったのはたかだか数年前と思っていましたが、もっとずっと前の話だったようです。このあたり、オーツの記憶があいまいになっています。このように記憶と記録が違ってしまうというのもボケの始まりでしょうか。
 というわけで、数百本の単3乾電池を捨てることになりました。
 乾電池はあまり長期に保存しておくことはできないということを身をもって確認することができました。
posted by オーツ at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック