2009年08月02日

板前心 菊うら@新宿

 オーツが5人ほどで飲み食いに行った店です。
 1階が「板前心 菊うら」で2階が「達 菊うら」という形になっています。2階のほうが値段が高くなっています。
http://www.kikuura.com/1f/index.html
こぢんまりした店ですが、かなり人気があるようで、オーツたちが行ったときも、予約で満席でしたし、女将さん(菊浦美貴子さん)に聞いたところ、夜は、カウンター席でもたいていは予約客で満席で、予約なしでは入れないそうです。2週間くらい前の予約が必要と聞くと、ここで食べるのはなかなかむずかしいということになります。
 メニュー
http://www.kikuura.com/1f/menu.html
を見ると、「板前心コース」5,250 円というのがありますが、今回はこれを頼みました。
 お通し 800 円とサービス料10%がかかるということと、それぞれがビール・日本酒・焼酎などを頼みましたから、合計で 42,750 円になってしまいました。ひとり 8,000 円強ということで、まあ、こんなものでしょう。
 お通しは「たらの白子」をはじめ、凝ったものが出てきました。前菜は5種盛りでしたが、これまたそれぞれに手をかけたものでした。店員がそれぞれの料理を説明してくれましたが、今は再現できません。ジュンサイが変わった味と食感でした。
 次に、お椀として、冷たいトマトのスープが出てきましたが、これまた今まで味わったことのないものでした。
 お造りは1切れずつでしたが、スズキやエビなど5種類ほどが出てきました。
 揚げ物では、ふぐの唐揚げが出てきました。揚げたてで、これもおいしかったです。ちと骨っぽいのが難点でしたが、ま、これはしかたがありません。
 煮物も出てきましたが、このころになると、オーツが酔ってきたせいか、内容を覚えていません。
 それから、カニ御飯と漬物と味噌汁が出ました。カニ御飯は、カニがたっぷり使われており、それだけでもおいしくいただけます。味噌汁も熱くておいしく、けっこうでした。
 最後にデザートということで、杏仁豆腐とムースのどちらかを頼むことができます。オーツは杏仁豆腐にしましたが、これもすばらしかったです。
 日本酒もいろいろ揃っており、オーツは特別純米酒「山和」(やまわ)1合を冷やで飲みましたが、お燗でもいいかもしれません。
 全体においしくいただけました。量的にはやや少な目かもしれませんが、中高年(あるいは女性)にはちょうどいいかと思います。
 欠点としては、半個室でしたが、隣のテーブルの声がやけに響いたことがあります。

 ネット内にいろいろな記事があります。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13004355/
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000713434/(達 菊うら)
http://www.asku.com/RV/010R/?area_id=13&_item_id=6053477
http://www.zooom.jp/selection/detail.do?id=178
http://eatout.jp/archives/2004/05/post_90.html
http://www.elle.co.jp/atable/restaurant/restaurantdb/415
 クチコミを見ると、比較的評判はよさそうです。
ラベル:板前心 菊うら
posted by オーツ at 05:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック