2009年08月01日

入れ歯を付け忘れる

 オーツは入れ歯を使っています。右上の奥歯の2本分にあたります。
2009.3.4 http://o-tsu.seesaa.net/article/115065719.html
 ときおり、入れ歯を外しておくことがあります。歯を磨くときは入れ歯を外して磨きます。
 さて、先日は、歯を磨いた後、入れ歯をはめるのをうっかり忘れて、自宅に置いたまま仕事に出てしまいました。
 いつもと違うのは、お昼御飯を食べるときです。食べるとき、少し食べにくく感じました。ということは、それだけ入れ歯に頼っているということです。まあ左側の歯で噛んだり、右側だって、犬歯のあたりでは噛めるのですから、何とか普通に食べることができました。こんなことから、歯は大事だなあと実感しました。
 左側の奥歯も、オーツ自身ではあまり自覚していませんが、歯医者さんによれば、ぐらついていて、アブナイのだそうです。いつなんどき抜くことになるか、わかりません。歯はもう生えてきませんから、大事に使うしかありません。
 歯をやられると、とたんに食べることに不自由します。歯は健康な食生活に直結しています。その意味で、歯は大事だということです。
 オーツもぼけが始まっている可能性があり、最近は、日常生活での失敗が多くなっています。気をつけて生活しなければなりません。
ラベル:入れ歯
posted by オーツ at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック