2009年07月31日

皇庭餃子房の定食の食べ方

 オーツは、よく皇庭餃子房で昼食を取ります。
2009.7.21 http://o-tsu.seesaa.net/article/123929840.html
 食べるのはいつも定食に決まっています。
 料理一品と、スープ、ザーサイ、御飯、杏仁豆腐が出てきます。
 この料理一品がけっこうおいしいので、足繁く通うことになります。
 だいたいは、炒め物を選ぶことが多いです。
 で、箸で取りながら食べていくと、いわゆる汁の部分が皿に取り残されてしまいます。せっかくおいしいところなのに、それをむざむざ捨ててしまうのはもったいないことです。
 先日、八宝菜を頼んだときに、試しに、お皿で出てきた料理を御飯の上にかけて食べてみました。中華丼のような感じになります。結果的に大正解でした。
 御飯と汁が適当にからんで、おいしく食べられますし、料理を全部味わうことができます。ただし、ちょっと食べ方が下品ですが、まあいいでしょう。どうせ高級料理店ではないわけですし……。
 ということで、オーツは今後はもっぱらこの食べ方で行きましょう。
 この店は御飯のおかわりが自由です。そこで、2膳食べようとする場合は、1膳目をおかずと御飯スタイルで食べ、2膳目にぶっかけ御飯スタイルにするといいでしょう。まあ、個人の自由で、どう食べてもいいのですが。
ラベル:皇庭餃子房 定食
posted by オーツ at 04:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック