2009年07月30日

トイレットペーパーの正しい使い方

 オーツが最近勤務先で気になっていることの一つに、トイレの利用者がトイレットペーパー(以下、トイペイと略記します。
2008.1.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/77323854.html
を参照)の正しい使い方を知らないということがあります。
 えっ? トイペイの正しい使い方があるって知らなかったですって?
 そういう人が多いので、少しだけ困ったことになるのです。
 トイレには2連のトイペイホルダーが設置してあります。トイペイ2個が入っていて、どちらでも使えるようになっているわけです。このとき、あなたはどちらを使いますか?
 正しくは「紙の残量が少ないほうを使う」です。
 なぜか。
 「残量が多いほうを使う」とすると、2個のホルダーに入っているトイペイが同じように減っていき、最後には両方同時になくなってしまうことになります。トイペイの補充者(普通は清掃担当者ですが)は、交換のタイミングがつかめません。個室内に補充用のトイペイがある場合は、これでもいいのですが、補充用がない場合もあると思います。2連のトイペイホルダーは、別途補充用のトイペイを置かなくても済むように考えられているのです。だから、一般的に、「紙の残量が少ないほうを使う」のがよいのです。こうしておくと、一方が早くなくなります。なくなった時点で補充者が新しいのと入れ替えればいいのです。
 「紙の残量が少ないほうを使う」やり方は、2個のトイペイホルダーに収まっているトイペイの(二つ合わせた)残量を最大化するやり方でもあります。
 ちょっと考えれば、わかるようなことですが、意外とそういうことを考えない人がいるものだと思います。
 オーツがこんなブログで説いても、なかなか知識は普及しないでしょうが。
 いや、もしかして関係者がこのブログを読んでいますかね。
2012.9.29 追記
 この話に関連することを
http://o-tsu.seesaa.net/article/294681700.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック