2009年07月16日

ホワイトボードに油性ペンで書いてしまう

 オーツの自宅ではちょっとしたメモを書いておくのにホワイトボードを使っています。
 書いてもすぐ消せるので、便利です。30年も使っていて、未だに現役です。まあ、マーカーだけ交換していれば半永久的に使えそうです。
 先日、妻が油性ペン(ゼブラ ハイマッキー)
http://www.zebra.co.jp/pro/mackee/index.html
をホワイトボードの下の方のマーカー置き場に置いたのでした。(何とバカなことを!)それに気がつかず、オーツはそれでホワイトボードに書いてしまったのです。
 イレイザーで消せないので、困りました。
 しかし、何かと試してみれば消えるだろうと思いました。
 まず、「油性ペン」というのだから、食用油で試してみました。ティッシュに垂らして、それでこすってみました。書いたものは少し薄くなりますが、がっちり書いたところは消えません。
 次に、「三杯酢」で試してみました。酢の他に醤油や砂糖が混じっています。すると、これが大正解! 消えました。ただし、三杯酢の匂いがホワイトボードについてしまうので、後で、水拭きして、さらに乾いたティッシュで拭き取って完成です。
 その後、ネットで探すと、油性ペンで書いた上からホワイトボードマーカーで適当に塗って、それを消すという手があることが書いてありました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ホワイトボード
http://www.pentel.co.jp/pentelcity/library/2004_12/index.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1324798878
http://www.lifehacker.jp/2008/08/post_82.html
http://w-board.com/faq/
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa637975.html
http://okwave.jp/qa4655239.html
これは知りませんでした。
 今や、困ったときはネットで情報を探すほうがいいのかもしれませんね。
posted by オーツ at 05:44| Comment(2) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは.

その手のことであれば,いわゆるシンナーを使えば一発で綺麗になりそうです.シンナーそのものはなかなか売っていないか,身分証明書が必要だったりするかも知れませんが,塗料の溶剤として売っている「うすめ液」ならホームセンターなどで簡単に手に入ります.
使う場所や溶剤の強さによっては拭いた部分へ影響を与えるのでもちろん注意は必要ですが,例えばシールを剥がした痕を綺麗にするといった用途でも使えますので,吸引する趣味がなくとも :-) 1 本備えておくと便利です.
Posted by Recorder at 2009年07月18日 11:14
Recorder 様
 たしかにシンナーでもよさそうです。
 オーツとしては、身近にある材料で何とかなるのではないかと思ったというのが最初です。
 だって、台所には、何だかわからないボトルに入った液体が何十種類もおいてあるのですから、順次試していけば、いつかは正解にたどり着くと思ったわけです。
 論理的に考えて、これがいいのだと判断するやり方もあるでしょうが、あれこれ実験するやり方もあると思うわけです。
 まあ、十種類くらい試してみてダメだったら、もう少し効果的な別の方法を(ネットで探すとかして)試すことになるのでしょうね。
Posted by オーツ at 2009年07月18日 13:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック