2009年07月15日

エアコンの修理

 夏になって自宅のエアコンを使い始めたところ、1台が故障してしまったようでした。
 引越の時に新品のエアコンを買ったのですが、今の住所にもう10年住んでいますから、使い始めて10年ということになります。
 突然、インジケーターが点滅して、動作しなくなりました。
 オーツがエアコンを買った店も今はなくなりました。そこで、東芝のサービスセンターに電話して、修理の人に来てもらいました。さすがに技術者で、ちゃんと直してくれました。エアコンが止まった理由は、室外機のモーターがうまく回らないためとのことでしたが、それは、センサー(ないしコンピュータ基板)が故障しているためだろうということで、基板の交換ということになりました。エアコンもコンピュータ内蔵なんですね。
 エアコンが直ったので、まあいいでしょう。修理の申込をしてから数日で修理が完了してよかったです。梅雨明けには間に合いました。
 なお、もう1台のエアコンも、ちょっと調子が悪かったのですが、技術者に見てもらったところ、こちらは 1996 年ころの製造ということで、修理代が高くつくから、だましだまし使っていて、壊れたら買い直したほうがいいといわれました。まあそんなものかもしれません。今は省エネ型が安く買えるようですから。
 オーツの自宅には、エアコンが7台あるので、
2007.11.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/69938318.html
これから、それぞれに対して、順次修理や買い換えが必要になったりするのかもしれません。めんどくさそうだし、お金もバカになりません。
 ちなみに、今回のエアコン修理代は 24,150 円でした。
2010.3.27 追記
 この話とまったく同じことを再度経験しました。
http://o-tsu.seesaa.net/article/144781703.html
に書きました。
 よろしければ、ご参照ください。
ラベル:エアコン 修理
posted by オーツ at 05:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック