2009年05月08日

台湾旅行(1)台湾到着まで

 オーツは、5月1日から5日まで、連休を利用して妻と台湾旅行に行ってきました。今回から数回にわたってこの旅行のことを書くことにします。
 オーツが利用したのは、クラブツーリズムが主催するパッケージツアーで、「ワンランク上の台湾充実の旅5日間」というものです。ツアーの詳細は
http://tour.club-t.com/vstour/WEB/web_tour3_tour.aspx?p_company_cd=1002000&p_course_no2=14135
にあります。まもなくこのリンクは無効になってしまうでしょうが。
 「ワンランク上」とは何でしょうか。観光として行く場所は、通常とあまり変わらないのですが、ホテルが通常よりもランクが高いのが特徴です。
 参加人数も9人で満席ということで、少人数に限定されています。4組の夫婦+単身参加1人という構成でした。
 旅行費用は、連休のど真ん中ということで、安くはありませんでした。基本旅費 128,000 円、空港税・空港使用料 2,040 円、燃油サーチャージ 1,000 円、海外出入国税 1,200 円で、2人分ですから、この倍額がかかり、合計で 264,480 円でした。
 1日目(5月1日)は、成田空港から台北の桃園空港まで飛んで、バスで台中に移動し、宿泊するだけです。
 成田空港で、台湾ドルとの両替レートを見ると、日本円→台湾元 3.5、台湾元→日本円 2.49 と書いてありました。1万円を両替すると、10,000÷3.5=2,857元になる計算です。しかし、パッケージツアーでは現地のガイドさんが両替してくれますし、そのほうがレートがいい場合が多いので、オーツは両替しませんでした。
 成田空港は、連休中だというのに、ガラガラでした。手荷物検査にも、出国検査にも、まったく並ばず、出発ゲートのところまで到着しました。オーツはこんな空港は初めての経験でした。たいてい、うんざりするほど並んで入るものだと思っていました。もしかして、新型インフルエンザを心配して海外旅行を取りやめた人が多かったということなんでしょうか。
 免税ショップで、日本酒「出羽桜 大吟醸」を1本買いました。2,800 円でした。4合瓶ですので、毎日1合ずつ飲むと4泊で全部飲み干せます。
 いよいよ搭乗の時刻になりました。
 最初に優先搭乗があり、次に、座席番号が 55-70 の機内では後ろに座る人が呼ばれました。しかし、それだけでも長蛇の列で、15分くらいかかりました。見てみると、マスクをしている人は半分くらいでした。
 機内食は、御飯と(ビーフかフィッシュの)煮物、果物、パン、コーヒーといった内容でした。大した量ではありませんが、オーツは白ワインとビールをもらって、満足しました。
 台北の桃園空港に着いたときに、空港内の銀行の為替レートをチェックすると、円→元 0.3313 と書いてありました。1万円が 3,313 元になるというわけで、成田よりもいいレートです。
 空港には現地のガイドさんが迎えに来ていました。林京儀さんという方です。30代の女性で、明るく元気な美人です。その後、話を聞いた感じでは、ちょっと日本語がおかしい部分もありましたが、まさにてきぱきと仕事をこなしていく有能なガイドさんでした。呼ぶときは「京ちゃん」と呼んでと言っていましたが、オーツは「リンさん」と呼びかけていました。
 ネットで「林京儀」を検索してみると、1件だけヒットしました。
http://www.omurice.com/travel/2004_1taiwan.html
今や何でもネットで検索できる時代になっているんですね。
 空港から台中までは高速道路で移動しました。バスの中でガイドさんが両替してくれました。1万円が 3,300 元になりました。だいたい、台湾元(NT$=New Taiwan dollar)表示価格を3倍すれば日本円に該当するので、わかりやすいと思います。
 台中市内に入ると、急にたくさんのバイクがバスと併走します。というよりは、バイクがバスにぶつかりそうで、かなりはらはらします。
 台中のホテルの近くで、コンビニに寄りました。オーツは缶ビール(台湾ビール)を1個買いました。32元でした。まあ安いと思います。(ただし、飲んでみたら、あまりおいしくはありませんでしたが……。)

ラベル:台湾
posted by オーツ at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック