2009年04月10日

お花見旅行(3)

 昨日の記事
2009.4.9 http://o-tsu.seesaa.net/article/117112043.html
の続きです。

 4日(土)は、浜名湖畔にある雄踏温泉「浜名湖ロイヤルホテル」に宿泊しました。
 このホテルは、実は、昨年泊まったことのあるホテルでした。
2008.9.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/106730182.html
偶然です。
 ホテルの売店で日本酒を買おうと思ったのですが、「出世城大吟醸」300ml の小瓶が 1,200 円でした。しかし、同じ酒の 720ml のものは 3,500 円だったのです。普通は、小さい瓶になるほど割高になるものです。720ml で 3,500 円ならば、一升瓶(1,800ml)で 7,000 円とかです。ところが、ここはそうではなかったのです。不思議なことがあるものです。
 夕食は、和室で和食会席料理でした。
 当日の献立を(メニュー表を写しながら)書いておきましょう。
  先 附 季節の物
  造 里 盛り合せ
  煮 物 ゴマ豆腐揚げ
  温 物 味噌鍋
  揚げ物 桜海老のかき揚げ
  蒸 物 茶碗蒸し
  酢の物 とろろ汁 薬味
  食 事 鰻せいろ蒸し御飯 椀 香の物
  水菓子 季節の物
 固形燃料を使って温めながら食べるものが、味噌鍋と鰻せいろ蒸し御飯の2種類ありました。その他もいろいろあって、十分楽しめました。それぞれにおいしかったです。味噌鍋が一番よかったですかね。
 メニュー表では、「酢の物」のところに「とろろ汁」があるのはちょっと変です。全然「酢」らしくありません。
 なお、ビールは中ビンも、生の中ジョッキも 810 円でした。冷酒は 180ml で 810 円でした。いずれもやや高めですが、ホテルではまあこんなものでしょう。
 部屋のテレビは、地上アナログ放送だけの受信のようでしたが、ケーブルテレビか何かなのでしょう。中国語放送が見られるようになっていました。中国の中央電視台の番組です。また、あるチャンネルには NHK BS-2 が英語の音声(副音声)で流れていました。音声は日本語に変えられないようになっていました。きっと、海外からの客が多いのでしょう。
 朝ご飯は、2階のロイヤルホールという広いところでバイキング形式でした。オーツはもっぱら和食系統を選びましたが、それぞれおいしかったです。宿泊客の話し声を聞いていると、中国語(北京語の他にたぶん上海語も)やポルトガル語、英語などが聞こえてきます。なるほど、このホテルには多彩な客がいるということを実感しました。

posted by オーツ at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック