2009年03月21日

ロボットスーツ HAL リース販売開始

 いよいよロボットスーツ HAL のリース販売が始まったというニュースがありました。
http://career.jp.msn.com/article2/genba/week021/default.htm
http://www.cyberdyne.jp/
http://www.cyberdyne.jp/robotsuithal/index.html
かっこいいですね。
 何よりも、発想に「未来」があります。当面は介護の分野で使われるようですが、こういう製品は、介護の分野だけでなく、相当に広い範囲で使われるのではないでしょうか。
 今まではSF映画の中で見るだけでしたが、いよいよ現実になるというのはワクワクするものです。
 リース販売しかしていないということは、まだまだ値段が高すぎるということですね。
 バッテリーで動くとのことなので、充電時間や稼働可能時間(約2時間40分)などが気になるところです。
 我が家にロボットスーツがあったら、それを何に使おうかなどと考えてみると、(オーツの発想が乏しいだけかもしれませんが)日常生活では意外と使う場面がなさそうです。たいてい、自分の手足でさっさとやってしまったほうが早そうだし、大した手間でもなさそうです。力が必要な仕事なんて、1年に1回もないかもしれません。高いところの作業だって、踏み台を使えばそれで十分だし。
 というわけで、考えてみると、介護分野で使うというのはとても現実的なアイディアのように思えてきました。

posted by オーツ at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース時評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック