2009年03月02日

主食抜きは体によくない?

 日経新聞2月28日、日経PLUS1 の s15面に「テーブルの栄養学」というコラムがありました。荒牧麻子氏の執筆によるもので、タイトルは「リスク大きい主食抜き」で、ごはんやパン類などの主食を抜くのは不都合があると書いてありました。
 理由は二つです。
 一つは、頭脳労働や神経系のエネルギーが糖質に依存しているということで、蓄えの効かない方法で供給され、数時間ごとに一定量の糖質を補う必要があるということです。糖質が少ないと疲労感が増幅されてしまうとのことです。
 もう一つは、主食が少ないと便秘に悩まされることが多いということです。
 オーツは、朝晩の食事では主食抜きにしています。
2007.6.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563968.html
そこで、この記事には無関心ではいられませんでした。
 さて、指摘されていた二つの点のうち、第2の点は、何ら問題がありません。主食を食べなくても野菜をたくさん取れば、便通がしっかりあります。
2009.1.18 http://o-tsu.seesaa.net/article/112770085.html
2009.1.17 http://o-tsu.seesaa.net/article/112724057.html
2009.1.16 http://o-tsu.seesaa.net/article/112676384.html
便秘の心配は無用です。
 気になるのは第1の点です。
 オーツの場合、昼(外食が多い)にしっかり炭水化物を取っていることと、自宅でも、主食をずっと抜いているわけでなく、たまに、気が向いて食べることもあること、それに、食後にせんべいをかじることがあることなどから、そう気にすることはないのではないかと思っています。肉じゃがも好きですが、こういうのを食べれば、もちろん(じゃがいも経由で)炭水化物を取っていることになります。餃子だって、皮には炭水化物が含まれています。
 ネットを見てみると、主食抜きがダイエットとして行われており、問題視する意見が見つかります。
http://gendai.net/?m=view&g=kenko&c=110&no=17290
http://daietto99.jugem.jp/?eid=6
http://www.r-dietetics.com/tansuikabutu.htm
http://www.greenhouse.co.jp/wellness/support/2006/guide_4.html
http://www.kikkoman.co.jp/homecook/shindan/08.html
http://www.d1.dion.ne.jp/~folth/news%205.html
 オーツは、ダイエットが目的で主食を抜いているわけではありません。
 今後、どうするか、ちょっと立ち止まって考え直してみます。

2014.2.23 追記
 この話に直接関係することを
http://o-tsu.seesaa.net/article/389493162.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
ラベル:主食抜き
posted by オーツ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック