2009年01月29日

玄品ふぐ 桜上水の関

 オーツを含め、5人でふぐ料理を食べにいきました。
 玄品ふぐは、あちこちに店舗があるチェーン店です。
http://www.tettiri.com/
http://tettiri.jp/
 オーツは、桜上水にある店舗にしました。
http://www.tettiri.com/html/shop/t_sakurajosui.html
 頼んだのは、秘玄小町コース 4,800 円でした。今、お店のメニュー
http://www.tettiri.com/html/menu2.html
を見てみると、これがなくなっています。しかし、
http://r.gnavi.co.jp/g254236/menu1.htm
には掲載されています。
 出かける前に、ぐるなびのクーポン券
http://r.gnavi.co.jp/g254236/map1.htm
を印刷して持参しました。そのために、松茸がサービスされました。てっちりに入れて食べることになります。また、会計時に 1,000 円値引きしてもらえます。これはかなりおトクでした。
 飲み物は、生ビールとひれ酒を中心にしました。ひれ酒は、ふぐのひれをちょっとあぶって、それに熱燗を注いだもので、香りが良く、つぎ足しを頼むことで、2〜3杯は飲めます。
 コース料理はそれぞれおいしかったです。オーツの好みでは、とらふぐの唐揚げとてっさがおいしかったように思います。
 飲み物込みで、33,000 円ほどになりました。後から考えてみると、けっこう飲んでしまったようです。
 でも、ふぐ料理が一通り楽しめて、この金額で済んでしまうというのは、かなり安い店なのではないでしょうか。チェーン店として繁盛しているのもうなずけます。
 ネットを探すと、「桜上水の関」のクチコミもあります。
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000962540/Ctl11199968/
しかし、他はほとんど見つかりません。
 ただし、他の店舗の情報でも良ければ「玄品ふぐ」で検索すると、たくさんのコメントが見つかります。好意的なコメントが多いようです。

 そういえば、1年ほど前に「とらふぐ亭 銀座店」に行ったことを思い出しました。
2008.1.14 http://o-tsu.seesaa.net/article/78357531.html
こちらでも、大した金額でなく楽しめましたから、最近はこのあたりの価格帯が「標準」なんでしょうか。
 こういう安いチェーン店はありがたいと思います。
2009.12.7 追記
 玄品ふぐの別の店(練馬の関)に行った話を
http://o-tsu.seesaa.net/article/134909730.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック