2009年01月10日

松波成行他(2008.3)『酷道をゆく』イカロス出版

 オーツが読んだ本(ムック)です。「日本全国の「酷い国道」を走る!!」という副題が付いています。
 こういうものの存在は
http://minkara.carview.co.jp/userid/124081/blog/7946502/
で知りました。
 本書では、全国の国道の中からクルマでの通行困難な道路を選んで、実際に走り、写真付きで解説しています。
 「点線国道」(ロードマップでは赤線でなく点線で表示されている国道)や「登山国道」(登山道のような国道)がリストアップされています。全部、実際に現地に行っているところがえらいところです。
 オーツも、酷道は好きなほうで、この中のいくつかは自分自身で走ったことがありますが、それにしてもすごい道が全国各地にあるものですね。思わず笑ってしまうような酷道が多数収録されています。
 本書は、マニア(オタク?)向けのガイドブックです。
 オーツの場合、今は仕事が忙しくて、とてもじゃないけれど、クルマでこういうところにいくこともできない感じですが、定年退職したら、こういうドライブもいいだろうなあと思いました。ただし、同乗者はいないはずですから、一人で(場合によっては命がけで)行くことになりそうですが。
 というようなわけで、実際のドライブは老後の楽しみに取っておくことにして、当面は写真などで楽しむことにとどめましょう。15年もするうちには、この道の何本かはトンネルやバイパスなどでつながってしまって、クルマで行けなくなっているかもしれません。


2009.2.3 追記
 この話の続きを
http://o-tsu.seesaa.net/article/113595548.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 06:03| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます.トラックバックありがとうございます.
このムック,お買いになりましたか :-)

私の場合,酷道好きというより,"国道のまだ開通していない区間の両端" を見てみたいという欲望があるとき突然わき出て来て,何年かかけて日本全国の約 50 か所の未開通区間をすべて訪ねました (末端はその両側にあるので訪ねた場所は 100 か所弱).
末端に至る道は「酷道」であることも多く,自然と酷道慣れしてしまったという感じです.

訪れた 100 か所の末端のレポートを自分のブログなどでまとめたいと思っていますが,老後の楽しみになりそうです...
Posted by Recorder at 2009年01月10日 06:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック