2009年01月08日

無添くら寿司 大泉インター店

 オーツが食べにいった回転寿司です。
http://www.kura-corpo.co.jp/top.html
 自宅から比較的近いところとしては、くら寿司が残された未踏の地でした。もちろん、くら寿司の他の店舗には以前にいったことがあるのですが。
 ここは全部1皿 105 円の回転寿司です。味はなかなか良かったです。
 中には1貫だけで提供されているものがありますが、これはこれでネタが大きくておいしいので、満足しました。生エビ、生サーモン、えんがわ、寒ブリなどが1貫ものでした。
 一方、ウニは、ネタが少ししか乗っていなくてダメでした。
 ここは、回転寿司としてなかなかおもしろい試みがされています。回っている皿も、注文した皿も、すべてサビ抜きです。そして、客がテーブルの上にある本わさびを自分で付けて食べるのです。食べる直前に付けるのがおいしいのだそうです。
 オーツは、わさびをきかしたほうが好きですから、このしくみは大いに気に入りました。わさびも風味が良かったです。
 また、食べたお皿をレーンの下の穴に入れると、カウントされていきます。皿カウンターという、特許を取ったものだそうです。
http://www.kura-corpo.co.jp/kodawari03.html
ただし、このやり方だと、自分が何皿食べたのかがわからなくなってしまうので、食べ過ぎに注意が必要です。オーツは、自分の手元でお皿を積み上げるほうが好きです。
 タッチパネルで注文するのですが、注文品が自分の席に近づくと、タッチパネルにその旨が表示され、ピーピーという音で知らせるようになっています。これはなかなか便利でした。
 100 円の回転寿司を比べてみると、オーツの感覚では、スシロー1番、くら寿司2番でしょうか。
posted by オーツ at 07:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 回転寿司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます。

くら寿司は私も近所にあって何度も行ったことがあるのですが、そこでは投入した皿の枚数が注文パネルの片隅に表示されます。

店によって事情が違うのかも知れませんが、「くら寿司 皿の枚数 パネル」で検索してみたところ、同様の店も多そうな印象でした。
Posted by 98 at 2009年01月09日 10:35
98 様
 はい、オーツが行ったところも、皿の枚数が注文パネルの片隅に表示されます。
 しかし、オーツが言いたかったことは、2人以上で行ったときに、どちらが何皿食べたのかが分からなくなってしまうので、注意が必要だという趣旨でした。
 本文中の記載がやや不足していました。
 お詫びします。
Posted by オーツ at 2009年01月09日 13:52
なるほど、そういうお話でしたか。無意味なコメントとなり失礼しました。不注意な私は初めて行ったとき枚数の表示にすぐ気付きませんでした。
Posted by 98 at 2009年01月09日 15:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック