2008年12月13日

コート行方不明事件

 オーツは、先日、居酒屋で飲んでから帰宅したのですが、居酒屋から出たあたりからまったく記憶がなく、気が付くと自宅のベッドで寝ていました。
 で、朝、出かけようとすると、コートがないのです。コートはいつも玄関の近くの衣類掛けの中に入れておくのですが、そこにありません。もしかして別の物入れのところかと思いましたが、そこにもありません。
 きっと居酒屋に置き忘れたのだろうと思って、居酒屋に電話したのですが、忘れ物のコートはないとのことです。
 不思議なこともあるものだと思って、オーツはコートをあきらめました。どうせ古いし、中国で買った安物ですから、捨てても惜しくはないと思っていたのです。
 数日経ったころ、妻がオーツのコートを持ってきて、「いつまでもダイニングのイスにかけておいても邪魔だ」というのです。その上、何と、オーツが飲んで帰宅した晩に、妻にコートのボタンが取れたのでボタン付けまで依頼したというのです。
 オーツはまったく覚えていませんでした。
 いやはや、いやはや。
 酔ったときには何を言い出すか、わからないものですね。
ラベル:行方不明 コート
posted by オーツ at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | できごと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック