2008年10月29日

FlipKlip

 オーツは、アメリカ製の FlipKlip というのを購入しました。
http://www.yomupara.com/flipklip.php
これは、単に、本のページを開いたままにしておくものですが、こういうのがずっとほしかったのでした。
 本を開いたままにしておくためには、書見台などというものもあるのですが、ちょっと大げさです。持ち運びが簡単な小道具を使って、手に本を持つのではなく、テーブルの上で本をちょっと開いたままにしておきたいシーンがいろいろあるものです。
 昔の本製本されたものは、開いたままにしておける場合もありますが、最近の簡略な糊付け製本の本では、力を入れて本を開くと本の背中の部分の糊がベリッとはがれそうで怖いです。
 FlipKlip は、いかにもアメリカ製で、ちょっと無骨なデザインです。しかし、アイディアとしてはよくできていると思います。
 先日、購入した後、実際使ってみました。挟んだ本のページをめくるとき、少しだけめんどうですが、FlipKlip は十分実用的です。
 オーツがどういうときに使うかですって? それは聞かないでください。オーツの仕事でこういうのを使わざるを得ないシーンがあるのです。(といえば、わかる人はわかりますかね。)
2012.4.22 追記
 その後、これをなくして再度購入しました。
 その顛末は
http://o-tsu.seesaa.net/article/266028655.html
に書きました。
 よろしければご参照ください。
posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 買物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック