2008年10月04日

パソコンのメンテナンスの手間

 昨日の話
2008.10.3 http://o-tsu.seesaa.net/article/107500211.html
の続きです。
 オーツが使おうとした DELL Latitude D420 ですが、使い始めようとすると、いろいろ準備が必要でした。
 まず、インストールされていたウィルス対策ソフトが古いままでした。ソフト会社のサイトに接続してウィルス定義ファイルをアップデートしなければなりませんでした。
 それから、OS の Windows Xp SP3 も(Windows Update 経由で)アップデートしました。修正点がたくさんあったので、何回か Windows Update を実行しました。
 何だかんだで3時間近くもかかってしまいました。ときどき画面にメッセージが出て、パソコンを再起動したりする必要があるので、全自動でやらせるわけにはいきません。
 いやはや、パソコンを乗り換えるというのは大変な手間がかかります。準備作業がこんなにもめんどうだとは思いませんでした。
 今は、セキュリティの観点からは、めんどうくさい時代になっているということを実感しました。こんなことに時間をかけて取り組まないと、ネット接続は恐くてできません。
posted by オーツ at 05:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック