2008年10月02日

キーボードのトップの文字が消える

 オーツは、DELL のノートパソコン Latitude D810 を愛用しています。メインマシンとしていつも使っています。今のパソコンを使い始めて約3年経っています。
 最近は、キーボードのトップに書いてある文字がだいぶ消えてきています。特にひどいのは A, S, U, I, O, K, N それに矢印キーです。まったく見えなくなっています。ローマ字入力をしているので、日本語のローマ字表記で使われる頻度が高い文字が消えていることになります。矢印キーは、エディタの操作などで使っています。オーツはマウスによる操作があまり好きではないのです。
 キートップの文字が見えないままでも、キーボード操作はできますが、オーツはブラインドタッチができるわけではないので、たまに打ち間違えます。
 というわけで、そろそろパソコンを新機種に替えるか、キーボードの修理をするか、対策を考える必要があります。
 パソコンを新機種に替えるのもいいのですが、各種ソフトをインストールするのがめんどうです。オーツは、自分流にパソコンをカスタマイズしているので、いざ新機種に移行するとなると、各種ソフトを全部インストールしながら、それらを環境設定しなければなりません。以前の機種から現機種に移行したときは、9時間ほどかかりました。
 今の機種で、スピードも問題ないし、ハードディスクの容量もまだまだ余裕がある(半分くらいしか使われていません)ので、あと2〜3年使ってもいいかなと思っています。
 しかし、パソコンを修理に出すとなると、その間のパソコンの利用が不便です。もちろん、代替機はありますが、全部のソフトがインストールされているわけではないので、若干不便になります。また、その間に届いたメールをそれまでのメールと統合することもむずかしいと思います。
 オーツは、メインのパソコンのハードディスクの中身全部を外部のハードディスクに定期的にバックアップしています
2008.8.29 http://o-tsu.seesaa.net/article/105662015.html
から、あるときに代替機と外部ハードディスクの環境にエイヤと移行することは可能なのです。今のパソコンに突然のクラッシュとかあれば、そのようにせざるを得ません。しかし、平常時には、なかなかその決心がつきません。
posted by オーツ at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンとIT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック