2008年09月19日

浜名湖オルゴールミュージアム

 オーツが職場旅行で立ち寄った観光ポイントの一つに「浜名湖オルゴールミュージアム」
http://www.entetsu.co.jp/kaihatu/orgel/
がありました。
 大草山の山頂にあり、ふもとからロープウェイで往復するようになっています。ロープウェイとのセット券で 1400 円だそうですが、その価値はあると思います。
 ここはオルゴールを中心とした各種自動演奏装置の博物館といったところです。
 いろいろな装置の展示もいいですが、毎時20分から50分までのオルゴール類の演奏がとても興味深いです。
 係員が、実際にオルゴールを動作させて音を出すのですが、小さなオルゴールや、箱の中にセットされたオルゴールは、かなり見にくくなります。そこで、係員が説明しながら、ライト付きのテレビカメラでポイントをそばの大画面テレビに映してくれます。そのカメラワークがとても見事で、見たいところを拡大してくれます。この演奏は十分楽しめました。
 また、オルゴールが大きく聞こえるようにするためには、木の共鳴板が大切だとのことでしたが、手に持った小さなオルゴールを鳴らすと、ごく小さな音しか出ないのに、それを別のオルゴールの入った板に押しつけるだけで、深みのある音が聞こえてきます。オーツはびっくりしました。昔の人の工夫はすごいものですね。
 演奏は毎回違ったものを聴かせてくれるとのことですので、2回聞いてもいいと思います。オーツたちはバスに戻る時間が決まっていたので、1回しか聞けませんでした。団体旅行の欠点ですね。
posted by オーツ at 05:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック