2008年07月30日

旬里@神保町

 27日の演奏会のあとに行った店です。シュンリと読みます。
http://r.gnavi.co.jp/g963600/
地下鉄・神保町の駅まで歩いていく途中の店に適当に入るつもりでいました。5時半だったので、あまり店が開いていませんでした。この店は、開店直後に飛び込んだ形でした。
 レシートに基づいて、当日飲み食いしたものを書いておきましょう。
 お通し 320円×2、生ビール 590円、黒生ビール 590円、酔鯨 950円、菊水の辛口 740円、手作り豆腐 650円、刺身3点盛り 1,580円、てんぷら盛り合わせ 2,100円、スッポンスープ 840円、ご飯セット(ご飯、味噌汁、漬物)530円、合計で 9,210 円でした。
 相方はほとんど飲まなかったので、飲み物はオーツが1人で飲んでしまいました。
 お通しは、ちょっとした煮漬しでしたが、量が少な目でした。
 てんぷらは、衣が固すぎると思いました。ぱりっとした食感がいいという人もいるでしょうが、オーツは好みではありません。天つゆはやや味が濃いめでした。スッポンスープは、スッポンが確かに入っていましたが、小さな一切れで、期待はずれでした。手作り豆腐は、4種類ほどの薬味がついてきて、おいしかったです。でも、考えてみれば、オーツは自宅で豆腐をしょっちゅう食べていますから
2007.6.15 http://o-tsu.seesaa.net/article/52563968.html
こういう和食の店まで来て豆腐を食べなくてもよかったかもしれません。
 ビール類は、ヱビスビールでしたが、オーツはあまり好きではありません。日本酒2種類は、ちゃんと冷たいのが出てきておいしかったですが、もう少し安くしてもいいでしょう。
 全体として、値段の設定はやや高めかなと思いました。

 以下のようなサイトも参考になるかもしれません。
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/14698/
http://r.tabelog.com/tokyo/rstdtl/13006538/
http://www.mars.dti.ne.jp/~hiraken/jin/teisyoku.htm
ラベル:旬里
posted by オーツ at 05:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 飲食店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック